難太平記11

− 清き武者の心は… −

 建武二年に駿河国手越河原の戦(いくさ)で味方が負けた時、細川卿房(細川定禅)が錦小路殿(足利直義)に御討死を勧めたので、淵辺という長年仕えてきた仁が、「まず御前で討死つかまつろう」と言って、ただ一騎で大勢の中に馳せ入って討たれた。味方はそれに続かなかった。今川名児耶三郎入道は、この時に討死した。

手越河原古戦場跡 故入道殿(今川範国)が、「ここは御討死のつぼではありません。退かれ、味方をまとめられて、後日の御合戦を期すべきです」と言って、御馬の口を押し返したので、御馬廻りの人々が皆で御馬の尻を打って退かせ申し上げた。

 暗くなって故殿(範国)だけがとどまったが、敵が馳せかかってこなかったので夜になってからあとを追い、興津の宿で追いついた。

 写真は、「手越河原古戦場跡」の碑(静岡市)。JR安倍川駅の近くの「みずほ公園」にある。この付近は、当時、安倍川と藁科川の氾濫原が広がっていた。
 建武二年(1335)、中先代の乱を鎮圧した足利尊氏は、鎌倉を占拠して建武政権から離脱する姿勢を見せる。そこで、新田義貞を大将とする建武政権の軍勢が、尊氏征討のために東国に派遣された。それを受けて、尊氏は高師泰を大将とする軍勢を三河に派遣するが、矢作川の合戦で敗れ、続いて足利直義が手越河原での防衛を試みた。十二月二日、直義の軍勢と建武政権の軍勢が手越河原で会戦。結果は、直義勢の大敗に終わった。

 その後、九州に退かれる時、兵庫魚御堂というところで全員の腹切りの着到を付けられた時、細川卿房(細川定禅)が、「御舟に召されるべきです」と、申し上げた。故入道殿は、「ここで御腹を召されるべきです」と、言い張った。

 後日、錦小路殿(直義)が、このことをいつも御物語された。「この二度の時は、『もはやこれまで』と思って心を決めたのに、両人の意見は正反対であった。清き武者の心は同じであろうと思っていたのに、このように食い違ったのは今でも不審だ。」と、仰せになっていた。

 このことなどは、殊によく知られていることなので、太平記にも書き加えていただきたいものである。もしやそのような御沙汰でもないかと思い、今、注を付けるものである。


 太平記によると、手越河原の合戦では昼間の合戦で引き分けたあと、義貞が弓の名手を選んで夜陰に乗じて直義勢の背後に回らせ、背後から雨のように矢を射かけさせたところ、直義勢は崩れたって散り散りになってしまったという。手越河原の合戦については、梅松論の次のページも参照。

  ◆ 梅松論23(新田義貞の下向)

 足利勢が海路で九州へ落ちた時の様子は、次のページ。

  ◆ 梅松論30(播磨落ち)
  ◆ 梅松論31(尊氏の九州落ち・その1)
  ◆ 梅松論32(尊氏の九州落ち・その2)



戻る

次へ

インデックスへ戻る