難太平記12

− 中先代の乱 −

今川系図 式部大輔入道殿のこと(三郎頼国と号す)。

 中先代合戦の時、海道の大将として京都から下向し、遠江国佐夜の中山で先代(北条氏)の大将の名越という者を討ち取った。

 相模国湯本で、海道の敵が要害を構えて支えていたので、北の山に登って式部入道殿の手勢だけで攻め下り、敵の大軍の中に馳せ入って敵陣をお破りになった。

 今この難所を見ると、人馬の通えるような道ではない。一ノ谷よりも急な岩の崖を五町ばかり攻め下られたのである。二条殿から給わった松風という名馬の荒馬にお乗りになっていた。馬の尻、足のはぎ、すねの皮、みな破れたという。

 さて、大水の時分だったので相模川でまた敵が支えていたのを、上下の渡しは佐々木判官入道(佐々木道誉)以下が渡った。

 (頼国は)特に手強い中の手を渡られたので、川の中で人馬ともに射殺(いころ)されてお討たれになった。今川三郎(関口顕氏)という人も、川端(入野・木田)といった人も、そこで討たれた。

 式部入道殿(頼国)には、矢が二十本ばかり立っていた。故殿(範国)は大御所(尊氏)の御供でこの戦(いくさ)には外れていたので、後日、川底からこの死骸を取り出されたのである。あまりに鋭い人だったため、このような難所でお亡くなりになったのだろうか。その子の、駿河守頼貞、同三河守頼兼、同七郎見世(みつよ)、同宮内少輔なども遁世して亡くなった。

 刑部少輔殿範満は、同じ時に武蔵国小手指原でお討たれになった。重病だったのを馬にかき乗せられて、力革に両足を結びつけて戦ったという。股(もも)を切り落とされて、酒田左衛門という家人に頸をお取らせになった。この跡継ぎがいなかったので、頼兼の舎弟の七郎を養子にされたが、早世したため跡が絶えてしまった。

 仏満禅師(大喜法忻(だいきほつきん)。円覚寺続燈庵開基)と申すのは、四郎に当たられる人である。建長寺、円覚寺の前住である(注:仏満禅師大喜法忻は太平妙準の法嗣で、浄明寺三十四世、建長寺四十世、円覚寺三十世を歴任した)

 故殿(五郎範国と号す)は、先代(北条氏)の時、天下すべてが出家した時に二十三で出家されたという。なんということであろう。基氏が御在世の時から、兄弟の中では故入道殿(範国)に相続させようと仰せになっていた。故香雲院殿(範国の母で、了俊の祖母)の語られたことである。御童名は松丸。五郎範国と申された。

 経国(初名は常氏)、俊氏などという人々は、みな基氏の御舎弟たちである。今の関口、入野、木田の人々の祖父という。


 ◆ 梅松論20(中先代の乱):中先代の乱が始まった経緯。
 ◆ 梅松論21(足利尊氏の鎌倉下向):中先代の乱の鎮圧




戻る

次へ

インデックスへ戻る