難太平記13

− 北畠顕家との戦い −

北畠顕家霊山城 写真左は、霊山神社前にある北畠顕家の銅像。写真右は、霊山城からの眺望。(いずれも、福島県伊達郡。)

 北畠顕家は、元弘三年(1333)、義良親王を奉じて陸奥守として奥州に下り、多賀城を整備して奥羽を掌握。建武二年(1335)、足利尊氏が建武政権に対して叛旗を翻すと、奥羽の軍勢を率いて上洛し、新田義貞らと協力して尊氏を九州に追った。その後、多賀城に帰還したが、奥羽情勢が悪化したため、延元二年(建武四年、1337)、霊山城に移る。
 同年八月、後醍醐天皇からの要請で再度上洛軍を起こし、途中、新田徳寿丸(新田義興)と合流して、足利義詮の守る鎌倉を落とす。
 延元三年(暦応元年、1338)正月、鎌倉を発向し、宗良親王、北条時行らと合流して西征。青野原(現・関ヶ原)の合戦で土岐頼遠らの軍勢を破るが、美濃・近江国境の黒地川を塞がれたため、南行して伊勢・伊賀を経て大和へ入る。大和、摂津を転戦したのち、五月、高師直と和泉堺・石津浜で戦って敗れ、吉野に向かう途中、阿倍野で討死した。

 建武四年だったか、康永元年だったかに、奥勢といって北畠大納言入道(親房)の子息顕家卿が、三十万騎で押し寄せて上洛した。

 そして、桃井駿河守(今の播磨守)(直常)に宇津宮勢・三浦介以下が味方となり、あとを追って上って来た。故入道殿(範国)は、その時は遠江国三倉山に陣取って、この味方の軍勢に馳せ加わって海道のあちこちで合戦した。

 また、三河国から吉良右兵衛督(この時は兵衛佐)満義朝臣、高刑部大輔(師兼)、三河勢などが馳せ加わって、二千騎余りで美濃国黒田に着いたので、当国の守護人、土岐弾正少弼頼遠が土岐山から討って出て、「青野原で揉み合わせようではないか」と言った。

 そこで、「明日の合戦こそ一大事」と海道勢を三手に分けて、「一二三番の籤を引いて入れ替えながら戦おう」と、籤を引いた。すると、桃井・宇津宮勢は一の籤、故殿(範国)・三浦介は二の籤、吉良・三河勢・高刑部は三の籤であった。

 桃井勢は、みな「たかの鈴」を付けていた。故殿も笠印を思案されて、「『あか鳥』を馬に付けよう」と、その夜、にわかにお付けになった。

 稲垣八郎、米倉八郎左衛門、加々爪又三郎、平賀五郎などという若者が、「籤は籤として、当手の人の中から、少々でも一番勢の先駆けをしよう」と言って、これら十一騎が、桃井より先に赤坂口阿女牛山というところに馳せ上った。

 味方は敵が馳せ上ったのかと思って見ていたが、一番に上った葦毛の馬に乗った若者が切り落とされ、そのあと上った武者も次々とみな切り落とされて麓に転げ落ちたのを見て味方とわかり、一番勢が合戦を始めた。しかし、桃井・宇津宮勢などは敗れ、赤坂宿の南を杭瀬河の方へ退いた。

 故入道殿(範国)が入れ替わられて、敵の山内という者以下を討ち取られ、西の縄手口では母衣掛け武者二騎を射落とされた。敵がまだ支えていたので、杭瀬川の堤の上にあった非人の家に入って、そこに居られた。

 夜に入ると、雨が降ってきた。

 「敵がまた攻めかかって来ないうちに、黒田の味方に加わってください」と人々が申したが、(故入道殿は)「ここで明日まで味方を待とう」と、仰せになった。すると、手負いながらその場にいた米倉八郎左衛門が、「このような馬鹿な大将は、焼き殺すのが一番だ」と言って(家に)火を付けたので、仕方なくその明かりで黒田の陣に加わった。

 桃井(直常)が、「戦(いくさ)の時、どちらも退かなければ身をまっとうすることはできない。敵が先手を取ったらまず少し退いて、味方をまた立て直して攻めかかれば敵も退くものだ。」と、言った。このことについて、後に故殿が仰せになった。

「桃井は、強そうな敵には何度も負け戦をするような人だ。人の天命は、そのように故実によって逃れることはできない。まず戦って、どうしようもなくなって力尽きた時に退くものである。」

 さて、土岐(頼遠)が討って出て、黒地(黒地川。美濃・近江国境)は京都から軍勢が来て支え、海道は味方が揉み合わせたので、奥勢は青野原の合戦の後、伊勢路に向かい、奈良天王寺の合戦もあった。京勢は伊勢の雲津川に馳せ合わせて戦ったが、味方が敗れた。

 青野原の戦は、土岐頼遠一人の高名とされている。自身も手負いとなったという。これも太平記には書かれているけれども、故入道殿(範国)もこのようにずいぶん手をくだかれたのに記されていないのは無念である。作者が尋ねず、また、我らも注さなかったので書いてないのだろうか。後代には高名の名を知る人はいなくなってしまうであろう。無念である。頼んででも書き入れてもらうべきだろうか。



戻る

次へ

インデックスへ戻る