難太平記14

− 赤鳥 −

 駿河国、ならびに、数十か所の所領は、この後詰(ごづめ)の時の恩賞である。国々に入部された時、我らは少年の初めであったがお供した。

 富士浅間宮で神拝した時、神女が託宣を述べた。

「遠江国は近くて我が氏子に欲しかったので、赤坂の戦の時、吾(われ)が告げたことはわかっているか、わかっているか。」

 入道殿が座を退いて、「何であろうか。思い当たらない。」と言われたところ、

「笠じるしのことを思案した時、我が赤鳥を給いし故に、勝つことも得て、この国を給わったのである。」と、託宣した。

 故殿(範国)は、その時思い出して、「合戦に女の具は忌まわれるものと思っていたので、思いも寄らなかった。まことに神の御計らい」と信仰を篤くされ、「これから、我らも子孫も必ずこの赤鳥を用うべし」と、仰せになった。

 それで、鎮西(九州)でも大事な陣では、いつも騎馬の女が現れる夢を、我らも見たし他の人も見た。そのような時は、必ず勝利が得られた。それで、(赤鳥が)我が家の武具の随一となった。


 今川家が笠印として使った「赤鳥」が具体的にどのようなものなのかわからないので小学館の国語大辞典で調べてみたところ、次のようなものが載っていました。

■あか‐とり【垢取・赤鳥】
1 櫛(くし)の歯にたまった垢を取り去る道具。
2 馬の垢を取る道具。馬櫛。
3 (「あかたれ(赤垂)」の変化、または「あかはとり(明衣)」の略とも)武家の婦人が馬に乗るとき、女鞍の鞦(しりがい)のところにかけた布。馬の汗で衣服などのすそが汚れるのを防ぐためのもの。

 難太平記の前ページの記述によると、今川範国は馬に「赤鳥」を付けたそうですから、上記のうち2か3が今川家の「赤鳥」に該当するようです。合戦の時に常時馬に付ける物としては、3のほうが適当かもしれません。また、3の「赤鳥」は、女性が馬に乗る時に使うものなので、今川了俊が九州で見たという騎馬の女性の瑞夢とも符合しています。これらから考えると、3が今川家の「赤鳥」に該当するもののように思われます。

 ・・・と思ったのですが、さらに調べてみたところ、戦国時代、今川義元(了俊の兄範氏の末裔)は、馬櫛を描いた旗を使っていたことがわかりました。どうやら、2の「馬の垢を取る道具。馬櫛」が、今川家の「赤鳥」だったようです。巫女の託宣は、2の意味の赤鳥と、3の意味の赤鳥を掛けたものだったのかもしれません。




戻る

次へ

インデックスへ戻る