難太平記15

− 家督のこと −

今川系図3 故殿(範国)は駿河国を我らにお譲りになる御志があったが、総州(範氏)の志が浅からぬものだったので、たびたびお断り申し上げた。総州(範氏)が故殿(範国)に先立たれた後、再び仰せられたが、故中務大輔入道(氏家)に申し与えた。

 このことを大輔入道(氏家)は深く思い知っていたためか、一子も無くてみまかった時、大輔入道(氏家)は、(貞臣が)まだ孫松丸といっていたのに譲り与えて亡くなった。しかし、総州(範氏)がまだ草葉の陰から御覧になっていると思うと悲しくて、今の上総入道泰範が僧として建長寺にいたのを召し上らせて、頭を包ませて国をも所領をも申し与えた。時の管領細川武蔵守(頼之)などは、「世に例の無いことだ」と申していた。

 その恩を少しも思い知らずに、このたび遠江国に執心して、「我らになお野心がある」と上聞に達したという。ああ、あの時、駿河国のことも泰範を召し出すこともせずにおいたら、今このような内心の嘆きにはならなかったものを。「天の与うるを取らざれば」というのは、ほんとうにまことであった。(注:了俊は応永二年(1395)に九州探題を解任され、駿河半国守護となった。しかし、応永の乱で大内義弘と鎌倉公方の連携を画策したと疑われ、応永七年(1400)、駿河・遠江両国は泰範に与えられて、了俊は引退を余儀なくされることとなった。)

 駿河国を半分たまわったのを、我らが望んで預かったように言って、その恨みで今、遠江国のことも申し受けたという。あの時のことは世の知るところなので、一向に恥じてはいない。今も上はまだ覚えていらっしゃるであろうから、申すまでもないことである。

 このように親類たちの不義を以前から御覧になっていたためか、「この一家のことも奉行せよ」と、故入道殿(範国)の御置文も有ったのだが、上が明らかでおわさないので、このような不道不義の親類たちも時節に合ったのであろうか。恐ろしくも憂うべきことである。

 先だって遠江国についても、仲高入道(今川仲秋。「仲高」は仲秋の法名)に与うべしとの上意があったが、これも意を得がたいものだった。上意によって遠江を離れることになったのも、このような御沙汰ゆえに起きたことなのだろうか。(注:了俊は、今川範国の死後、至徳元年(1384)頃から範国の跡を継いで遠江守護として活動しているが、九州探題在任中の嘉慶二年(1388)、弟の仲秋に遠江を譲っている。)




戻る

次へ

インデックスへ戻る