難太平記16

− 細川清氏のこと・その1 −

 細川相模守(清氏)が御不審をこうむった時、故入道殿はずいぶん奉公忠節を尽くされたけれども、かの太平記には新熊野に入御としか書かれていない。(注:細川清氏は足利義詮の執事であったが、康安元年(1361)謀叛を疑われて義詮に誅殺されそうになったため、若狭に出奔し、次いで南朝に走った。太平記によれば、守護職をめぐる争いから佐々木道誉に讒言されたものという。)

 あの時は既に御大事に及びそうだったので、故入道殿(範国)が密かに右御所(義詮)に、

「貞世(今川貞世。了俊の俗名)が清氏と親しいとうけたまわっております。彼を召し上らせて清氏と刺し違えさせれば、御大事には至らずに済みましょう。人を多数失うこともないでしょう。」

と申し上げられて、その時は遠州にいた我らを飛脚で召し上らされた。

 三州の山中まで上ったところで、「清氏は若狭国に落ちた」という飛脚がまた下って来た。どのような御用で召されたのかは、上洛してから教えられた。言語道断のことであった。

 清氏の野心のことは無実だったので、清氏は無実を訴え申し上げるために越州直世(今川直世。了俊の弟)を内々に呼んだが、恐れて行かなかったという。その時、清氏が、「貞世が在京であれば、こんな時でも来るだろうに」と、楽所(楽事を教え、事務をとる役所)の信秋に言ったと聞いて、(故入道殿は)思い立って申し出られたという。

 これなどは故入道殿(範国)のずいぶんな忠であり、子一人に替えてこの御大事を何事もなく終わらせようと思われたことは明らかなのに、どうして太平記には書かないのだろうか。これも、あとからこの作者に言わなかったからであろうか。

 その時の落書にこのようなものがあった。

細川にかゝまりをりし海老名社 今川出て腰はのしたれ
  (細川でかがんでいた海老名が、今川が出て腰が伸びた)

 これは、海老名備中守が相模守(細川清氏)に憎まれて出仕しなくなっていたので、このように詠んだという。冗談のようなことだが、その時のことなので書き載せておいた。




戻る

次へ

インデックスへ戻る