難太平記17

− 細川清氏のこと・その2 −

 細川清氏は、ほんとうは野心はなかったのではないだろうか。あまりに過分の思いがあって上意に背いたところに、誰かが陥れたのではないだろうか。

 一つには、子供を八幡に詣でさせて、社頭で烏帽子を着けて八幡八郎と号したこと。一つには、神殿に納めた願文に天下を執るような文言があったこと。これを、社家が公方(足利義詮)に言上したためという。この願文は、清氏の筆ではないのではないだろうか。「判形も不審だった」と、故殿(範国)が語られていた。

 我らは東寺合戦の時、清氏の手に加わるようにと強いて頼まれ、清氏のもとで二度合戦したところ、(恩賞について尊氏に)申し上げると言うので頼んでおいた。(注:観応の擾乱で足利直義が毒殺されたあと、直義の養子の足利直冬が挙兵し、山名時氏・石塔頼房・桃井直常・斯波高経らとともに攻め上って、文和四年(正平十年、1355)一時京都を占領した。尊氏は京都奪還をはかって反攻し、直冬を敗走させた。ここに言う「東寺合戦」は、その際に起きた合戦。)

 静謐の後、遠江国笠原庄、浜松庄等がそのころ闕所だったのでそれらを望んだところ、けっきょく申し上げてはくれず、みな清氏が給わってしまった。

 無念に思って遠州に在国していたので、この時(注:清氏が失脚した時)は在京していなかった。御所(義詮)が、清氏と(了俊が)一体のように思し召されていたので、故殿は思案されて(了俊と清氏を刺しちがえさせることを)申し入れたということである。それによって我らは上意に叶い、故殿は隠居の暇(いとま)を申されて、相続させていただけたのである。




戻る

次へ

インデックスへ戻る