難太平記18

− 応永の乱と義満 −

 大内氏は、弘世の代に足利尊氏を援助して周防・長門の守護となり、弘世の子義弘は今川了俊に従って九州経営に参画した。義弘は、周防・長門のほか、和泉・紀伊・豊前・石見の守護を兼ね、また、朝鮮との貿易でも利益を収めて、強大な勢力を誇っていた。

 応永二年(1395)、了俊が九州探題を解任されると、管領斯波義将の推薦によって渋川満頼(義将の女婿)が次の探題と決定された。

 自分が次期探題に任命されるものと期待していた大内義弘は、これに不満を抱き、また、義満の大名抑圧政策に不安を募らせて、鎌倉公方足利満兼と結んでこれに対抗、応永六年(1399)十月、満兼の御教書を奉じて領国和泉の堺で挙兵した(応永の乱)。美濃の土岐詮直、近江の京極秀満らもこれに呼応したが、同年十二月二十一日、義弘は堺で戦死し、乱は鎮圧された。

 この乱の際、了俊は京都にいたが、叛意があると義満に疑われたため、遠江に下向して、鎌倉公方足利満兼に挙兵をうながした。満兼は諸方に御教書を送って軍勢を催したが、上杉憲定が強く諌めたため挙兵には至らず、応永七年(1400)三月、満兼は伊豆三島神社に願文を納めて幕府に恭順の意をあらわした。

 藤沢にいた了俊に対しては、応永七年(1400)正月、上杉憲定に討伐の命が下る。了俊は上杉憲定の説得で遠江の所領に戻り、次いで上洛して恭順の意を示したため、かつての九州探題としての忠功に免じて辛うじて助命された。この事件で了俊の政治生命は完全に絶たれ、以後、歌・連歌の指導や著作活動に専念することになる。

 以下の節では、応永の乱に関連して、了俊の激しい言葉が続く。


足利義満木像 写真は、等持院の足利義満木像。

 このたび鎌倉殿(鎌倉公方足利満兼)が思し召し立たれたことは、当御所(足利義満)の御政道があまりに人毎に偏っているので、「ついには天下に有益の人が現れて天下を奪い、御当家(足利家)が亡びてしまうのではないか」と嘆き思し召され、「他人に取られるよりは」と御決意された天下万民のための御謀叛とあまねく知られているので、なんとか当御所(義満)もほんとうに御意をことごとくひるがえされて、善政ばかりとは思し召さずとも、これまでのように度を過ぎた御悪行・御無道を少々おやめになられ、人の嘆きが休まれば、今、どうして鎌倉殿(満兼)も思し召し立たれようか。

 これほど誰もが恨み申しているように見える時でさえ、御運も強く御威勢いかめしくあられるのだから、まして御政道を少々でも変えていただければ、誰が鎌倉殿(満兼)に心を寄せて相談しようか。

 今も御畏怖によってさまざまな御祈祷もしげく、関東御調伏などと聞くことも多いが、御調伏も御祈りもすべてうち捨てられて、天下の天下たる道を少々なりとも思し召されれば、天道にも仏神の御心にもたちどころに叶わせ給うであろうにと、愚かなる心には思われる。

 合戦などでも申すではないか。天地人の三つに当てはめて考えるに、天の利というのは、その年月日時、吉方、その人の生まれながらの性などを勘案して、最善であろうことを用いて天の利と申すのではないか。

 地の利というのは、あるいは良き要害の山、あるいは大海・難所などを前に当て、また、良き城などに籠もるのを地の利というのである。

 人の利というのは、理(ことわり)であろう。「人の心が一緒になってその理(ことわり)に至れば、天地の二つの利は無用であろう」と申すように、日本国中の人の心がみな君の御恵みのかたじけないことを思うようになれば、いかなる凶徒も現れるはずがない。そうなれば、御祈祷も叶うであろう。

 上(義満)の御意にもしも悪事・非義があって、それを御祈祷で償われようと思し召されるなら、どんな秘法も結果は知れていると思われる。


  鎌倉大草紙6(氏満の死去、満兼の相続、応永の乱):応永の乱の頃の関東の状勢。




戻る

次へ

インデックスへ戻る