難太平記19

− 応永の乱と了俊 −

 大内(義弘)が和泉に攻め上った時、我らが野心をさしはさんだことは決して無い。まして関東からは一言も一紙も仰せをこうむったことは無かった。ただ大内がそのように申しただけではないか。諸方の人と同様に御教書でも来れば、即時に上覧に及んで決して別心は無かったのに、遠江国で子どもや家人たちが関東に心を寄せたために、「遅参した」と人に言われるのだろうか。

 疑い思し召していると内々に承るようであれば、九州に身一人で海賊舟にでも乗せて遣わされればよかったのである。心の鬼があったのに合わせて「もしや流し捨てられるための御方便か」と考えて、鎮西(九州)の輩も御籌策があろう。御故実などを申し上げて御はかりいただいた御教書・御下文などもすべて召し返されて、了俊だけを差し下していただければよかった。

 「忠節致すべし」とばかり書かれた御教書を三四通ばかりいただいたが、いよいよ上意が不審に思えて、「国に下って我が身は隠居して、子どものことは上意に任せ追ってあい計ろう。もしそれでもなお京都の御助けがなければ、今、『天下を為す』と言って鎌倉殿が思し召し立たれることは、『御当家(足利家)の御運長久』と、万人が安堵すべきことであろう。」と、思ったのである。

足利略系図 なぜなら、大御所(尊氏)と錦小路殿(大休寺殿)(直義)の御仲違いの時も、天下の人が考えたのは「当家(足利家)の中継ぎの時期を治めるのに、強いて御兄弟のどちらがよいとは決められない」ということで、それで両御所(尊氏と直義)に思い思いに付いたものである。その時も、諸人が考えたのは、「大休寺殿(直義)は政道に私曲が無いので捨てがたい。大御所(尊氏)は弓矢の将軍で、そのうえ私曲がない。これまた捨てがたい。」ということだった。

 中御所(直冬か)と宝篋院殿(義詮)を、さすがに大御所(尊氏)は御父子のことでお捨てになりがたく、大休寺殿(直義)もまた同じ御兄弟ながら、中先代の時、箱根山において天下をも御当家をもお譲りになったことを大御所(尊氏)は思し召し忘れたまわず、ただ何とかして大休寺殿(直義)から宝篋院殿(義詮)へうつくしく天下を譲り与えてほしいとの御方便から、摂州井出の合戦の時も師直・師泰が討たれたのを大御所はお咎めにならなかった。また、由比山の合戦のあと、上杉民部大輔(憲顕)が伊豆山から落ちて行ったのも大御所はお咎めにならず、また御合体と定められたのである。

 それについて両御所がひそかに御談合されたのだろうか。京の坊門殿(将軍)は何と仰せになろうとも改めることはできない。そうすれば、天下を長く保つのは難しいであろう。たとえ御政道に少々誤りがあっても、関東の大名たちが一緒になれば、日本国の守護となろう。それでまた、この御兄弟の間に鎌倉殿を置かれて、京都の御守護とされればよかろうと御内談があって、板東八か国を光王御料基氏にお譲りになって、「子々孫々、坊門殿(将軍)の代々の守りとなれ」と、くれぐれも申しおかれたのである。

 その後、両御所(尊氏と直義)がお隠れになったあと、京都を恨み申す輩がひそかに関東(足利基氏)に勧めることもあったようであるが、結局大御所(尊氏)の御素意をもっぱらとされた。ところが、京都から、大休寺殿(足利直義)が申されたことに従って、鎌倉は別に取り立てるとの思し召しがあり、御内心は御畏怖があったのか、「そのようなことになれば、結局は天下の煩いとなろう」と思し召し、諸神に誓われて、大鎌倉殿基氏は宝篋院殿(足利義詮)に先立たれたと承っている。ほんとうのところは人の知るところではない。

 このたびのことは、その時に大御所(尊氏)が思し召しおかれたことなので、ただ、「御当家(足利家)の内に天下を持たせたまい、政道の正しいであろう方を仰ごう」と、遠江に下ったあと我らも心に決めていたが、京都から討手が下るのは必定と言われていた頃、関東でも御和睦のことを上杉が(満兼に)堅く申し入れたと聞いたので、京都の御沙汰を恐れて、我が身は藤沢に隠居し、子どものことは京・鎌倉の間で決まった措置に従おうと思って藤沢にいたが、御和睦がいよいよ決まった後も、我らが藤沢でなおも鎌倉殿(満兼)に勧めようとしたという。京都もそう思し召し、上杉もそう思っているのだろうか。御和睦となったら、「人々の分国ならびに知行地に相違あるべからず」と、京都でも関東でも定められたからには、隠居はどこでしようと同じことであろう。「分国にいるように」と、何度も上杉が申し入れるのでまた帰国したが、関東からは、「我ら(了俊)のことは京都が御計らいになるように。もしも子細があれば関東としても退治する用意がある」と、京都に御申しになったと知って、難儀なことと思っていたが、かたじけなくも、「先の忠功に任せ、参洛すれば御助けあるべし、との上意である」との仰せをこうむったので、参洛した。

 このような事を思うに、なまじいに昔の関わりや義理に気をまわして身を破滅させ、名利ともに失ってしまうのは、嘆くになお余りあることである。そもそも、我らが九州に発向したことからして身の程を知らないことであった。なぜなら、当御所(義満)の格別な御情けも御なじみも、他の人ほどはなかった身なのに、我らは、御当家(足利家)のためには強いて私事を忘れて忠功に励むべきと思ったので、「西国を治めよ」と言われてただ志にまかせて発向したのである。親類家人を数百人討たせて結局は面目を失い、本領さえ失ってしまうとは、家人らは予想もしなかったことであろう。

 人はその身の位にしたがって忠を致すべきことであった。「身の程よりも忠功が過ぎれば、かならず恨みを生じるものか」と、思うからである。




戻る

次へ

インデックスへ戻る