難太平記20

− 大内義弘のこと −

 応安三年(1370)九州探題に任命された了俊は、翌年九州に入ると、応安五年(1372)八月には太宰府の征西府を陥落させ、応安七年(1374)には筑後の高良山を落として、南朝方を肥後菊池に押し詰めた。永和元年(1375)了俊は、菊池に総攻撃をかけるために水島(菊池郡八城町)に諸将を集めるが、この陣中で、少弐冬資を謀殺した。これは、九州探題と少弐氏がどちらも筑前を本拠としていたため、両者の間に深刻な利害の対立があり、少弐氏が南朝方に内通する可能性があったためと考えられている。この事件は島津氏久の離反を招いて、一時了俊の九州経営は齟齬をきたした。しかし、その後、大内義弘の来援などによって再び攻勢に転じ、永徳元年(1381)六月には菊池氏の本拠である肥後隈部(わいふ)城を陥落させた。これによって、九州の反探題勢力は南九州の島津氏久を残すのみとなった。しかし、九州経営が安定化する一方で、了俊が九州で強大な勢力を持つのを足利義満が警戒するようになり、また、大友氏など在地勢力との利害の対立も大きくなっていった。

 以下に記されているのは、大友親世が一族の吉弘氏郷を討つ事件が起きて、その事件の弁明のために了俊と大友親世が上洛した時のエピソードである。この上洛の際に、了俊と大内義弘の間で交わされた会話を通して、応永の乱の前の大内義弘と了俊の政治姿勢が述べられている。大友親世が吉弘氏郷を討った原因はよくわからないが、吉弘氏郷の兄の氏輔は了俊が九州りしてから常に了俊に忠実に従っていた人物であることから、大友親世が了俊を快く思っていなかったことが背景にあるらしい。

 先年、大友(親世)が国に帰る時、大内義弘入道がひそかにやって来て言った。

「大友のことは、初めから終わりまで御扶持をもって所領を安堵し、あまたの新恩をも給わったことを有り難くうけたまわっておりましたが、このたび上意難儀によって参洛した時、この者(大友親世)が貴方に一度も礼を申し入れずに今(国元に)下向するのは、もっとも遺恨、尾籠不義の仁です。しかしながら、このたびのことは、これまでの御芳恩を重ねられて、御対面されてから下向させるのがよろしいでしょう。(大友が)いまだ兵庫の津に逗留している間に、(私が)御供して御和睦されれば、今後はいよいよ忠節いたすでしょう。」

 了俊は、

「もとより彼のことは、自分は不快には思っていない。自分がこのたび公方の御咎めによって参洛することになったのは、ただ吉弘右馬頭(吉弘氏郷)を討ったためである。(大友が)『上洛のことについて、平に我々の意見を指南してほしい』と申したので、了俊が参洛する時、路次から申し遣わして、『上洛したほうがよかろう』と、計り申したのである。我らが参洛した時、直に御尋ねがあって、『どうして大友はそなたを敵のように考えて、訴えたりするのだろうか』と、御尋ねがあった。いっこうに心得難いことである由を、申し上げた。それで、大友が参洛しても音信におよばなかった。しかし、今まで、彼のことを一言も悪しざまに上聞に達したことはない。(大友が)おのれの先非を悔いて対面したいと申すのなら、我らはそれを否みはしない。ただし、今我々の下向のことは、『急いで下向すべし』との仰せをこうむり、既に日が迫っている。また、この件に関して、大友のことについては細かく仰せをこうむっている。今、私のほうから対面のことを申せば、上意に恐れがあろう。しかし、貴殿が口入れしてくれたのだから、(大友と)対面すべきだろうか。あるいは、内々に上意を得てからのほうが良いだろうか。」

と、申した。

 すると大内は、「思いも寄らぬことです。大友に肩入れしないとの起請文を、仰せによって二度自筆で書いて進上しました。貴方(了俊)が自ら決めて、内々に御免されるのがよろしいでしょう」と、言った。

 さらに、了俊が今にも上意に背くであろうと言われていた時、大内(義弘)が近づいて来て言った。

「今、御所(足利義満)の御沙汰のさまを見ると、弱い者は罪が少なくても御不審をこうむって面目を失ってしまうようです。強い者は、上意に背いてもそのままにさしおかれるのは、誰もが知っていることです。貴方も、御忠といい御身といい、安心していらっしゃるかもしれませんが、御自力に弱いところがあれば御面目を失うこともありましょう。義弘も、身に余る国々所領等を拝領しましたから、この上は国や所領を失わないように思案しようと思います。貴方と大友(親世)と義弘(大内義弘)が同心すれば、たとえ上意が悪しくとも結局のところ煩いはないでしょう。まして御咎めはないでしょう。今、在京つかまつって諸大名御一族たちのことを見るに、一向に心を惹かれません。貴方に御供つかまつって九州中国をひとつにまとめれば、すなわち永代の安堵となりましょう。さすがに大友は、九州では大名です。御重恩の下で我々が一味いたせば、御安心できることになりましょう。そこで、ただ今義弘が起請文を条々書いて進上し、子々孫々まで堅く一味同心いたしましょう。そのために、大友のことを執り成し申すのです。」

 了俊は、重ねて言った。

「もともと御辺は仲高入道(今川仲秋。了俊の弟)の縁者で、そのことは世の知るところです。互いに助け合うことは、そのように重ねて申し定めるまでもないことです。また、上意についても、貴殿も御不審をこうむり、我々も疑われることになるでしょうから、私(わたくし)の一味契約や重縁などで上をないがしろにすることは愚身にはできません。だから貴殿も、我々のために一家を失われることになってはいけない。ただただよく心がけて公方(足利義満)を仰ぎたてまつれば、どうして国や所領を取り上げられることがありましょうか。とりわけ大友のことは、このたびさらに仰せをこうむったこともあるので、私(わたくし)の和睦は無益です。大友のことを援助されるのなら、『今後は身を慎んで、天下を為すに私曲のないようにせよ』と、仰せになってください。」

 無念にも、九州でもこのたびのことでも公私ともに、大内の計略で我々は九州を離れることになった。これも、申してみれば、公方の仰せのひとつひとつがすべて案に相違したため、鎮西(九州)の輩に常に我らの虚言・私曲と思われて退けられてしまったからである。

 「参洛して御尋ねいただいて事実を明らかに申し上げれば、きっと九州のことは安堵していただけるだろう」と思っていたが、結局御尋ねにあずかることはできなかった。九州の人々には、ずっと我らの私曲と思い嘲られているのだろうか。ただ、実(まこと)のことは自然に明らかになるものだから、今はきっと御成敗の食い違いであったことは、誰もが思い知ったことであろう。

 まして、大内が和泉に攻め上って事(こと)が明らかになった時、御所(義満)はまっさきに我々に、「大内のことは貴殿の言うとおりであることが、今わかった。恥じ入った」と仰せになったが、これは誰もが聞き及んでいることである。

 よくよく考えてみると、にがにがしいことを、ただ昔心(むかしごころ。昔風の心)でおこなったために身を失ってしまったのだから、時に応じて不道・不義・無礼の振舞いをしたほうがよかったのかもしれない。親に不孝の子、兄に不義の輩、主(あるじ)に不忠・不奉公の家人、不道・尾籠の輩、町人・土民なども、時節にあえば人の頭を踏む。どのような世でも、これは同じことである。

 これは我が子孫に、心がけてよく慎むようにと書き置くものである。了俊が在世のうちは、決して他見あるまじき事である。おそろし、おそろし。

子よ孫よ己れさかしと思ふとも 親のおろかに猶やおとらん

応永九歳二月      徳翁

(『難太平記』は一応ここで終わりの形になっていますが、このあとさらに少しだけ書き足してあります。)




戻る

次へ

インデックスへ戻る