難太平記21

− 名乗りについて −

 鎌倉の瑞泉寺殿(足利基氏)の御名乗りは、我らの祖父(今川基氏)の名乗りと同じである。このように、その一家親類の中で無徳の人(名利を追わない人)の名乗りを取って名乗るのは、幸のあることとか申すものである。なるほどと思われる。新田方の人々も、こちら(足利方)の先祖たちの名乗りをすることがあったという。

 故殿(範国)が大夫入道(貞臣。了俊の嫡子)に、初めは義範と名付けられたのもそのためであったが、先年、九州で自分で改めて貞臣と名乗ったのは不孝なことであった(注:今川義範(貞臣)の名は、新田義重の子で山名氏の祖となった義範から名付けられたものと思われる)

 今年になって、もってのほかに中風の気があって、ときどき文字が思うように書けず、思いのほかに筆が曲がるので、もともとの鳥の跡(注:中国の黄帝の時、蒼頡(そうけつ)が鳥の足跡を見て文字を創作したという伝説から、文字や筆跡のことを「鳥の跡」と言う)が、いよいよおかしくなっている。文字落ちや仮名字などは、また老いぼれの所行である。はからい読むべし。




戻る

次へ

インデックスへ戻る