難太平記22

− 九州探題のこと −

 世人は、「了俊が九州を離れることになったのは、二人のたくらみによるものだ」と、申している。大内入道(義弘)が探題になろうという大望を抱いていたこと。そして、渋川(満頼)を探題にするために、勘解由小路(斯波義将)が取り計らったものという。「大敵に当たる難儀には了俊が骨を折り、静謐の時になってから功無き縁者に申し与えるとは、利口なことだ」などと申している(注:渋川満頼は、斯波義将の女婿だった)。まことに、備中国のことを思うと、渋川のことは我々にとって恥ずべきことである。口を閉ざすべし。

『難太平記』は、これで終わりです。 



戻る

インデックスへ戻る