鎌倉大草紙1

− 鎌倉公方足利氏満と関東管領上杉憲春 − 




 永和五年(1379)三月三日改元。康暦元年となる。

 島田の讒言によって、美濃国の土岐大膳大夫(土岐頼康)を御退治されることになった。

 京都から諸国の軍勢を召し寄せられたため、関東からは管領上杉憲春(のりはる)の弟の憲方入道道合を大将として、御旗をたまわり、五百余騎が出陣した。

 この時、京都の騒乱についてひそかに勧めた人がいたためか、鎌倉殿(足利氏満)は思し召し立つことがあった。それを上杉(憲春)に御相談されたところ、上杉はおおいに驚いて諌めたてまつった。しかし、御承引はなかった。

 上杉は諌めかねて、自分の館のある山内(やまのうち)に帰って内室を呼び、「思い立ったことがあるので、尼になってほしい」と、仰せになった。

 女房は、「何をわけのわからないことをおっしゃるのか」と考え込んだが、「自分の夫ながら賢い人なので、よくないことになったとしても背くわけにはいかない」と思い、「たやすいことです」と言って、髪を切って衣を仕立て始めた。

 憲春は笑いながら、「ひどいことを頼んでしまった。後日、理由がわかるだろう」と言って、家を出て行った。そして、御謀反が成功する見込みはないことを述べた手紙を氏満公に書き置き、持仏堂に入って腹をお切りになった。法名は道珍と号す。

 鎌倉殿(足利氏満)はひどく驚かれ、ただちに京都の公方(将軍)になるお望みを捨て、後悔されて、同年卯月晦日に三島に赴かれて、上杉安房入道道合(上杉憲方)に関東管領を仰せ付けられた。これは、去る三月十日に京都に発向して、三島に留まっていたところに領状申されたのである。

 京都では、美濃国の土岐も没落して将軍(足利義満)の思し召しのままになったが、「関東の氏満に謀反の心があって、上杉が氏満を諌めるために自害した」という噂が流れたため、鎌倉の氏満は、「これではいけない」と思い、「京都に対して野心は持っていない」と自筆の告文を書いて、瑞泉寺の古天和尚を使僧として京都に送られた。この和尚は夢窓国師の末弟子で、将軍が御崇敬されていた僧である。

 和尚の言われたことももっともだったため、将軍(義満)は御納得され、同五月二日、何も問題ない旨の自筆の書状を仰せ下された。それを聞いて、関東の諸家は安堵の思いをなした。

 同日、京都では斯波治部大輔義将に管領職を仰せ付けられた。

 写真は、等持院の足利義満の木像。1368年、11歳で将軍となり、1392年、南北朝合一を達成。99年、仙洞を模した北山第に移り、自らを法皇に擬する。1401年には明との国交を開き、冊封をうけて日本国王と認められた。1403年には子の義嗣が内裏で親王に準じて元服の儀を行うなど、天皇家との一体化を推進した。このページに記されている京都の騒乱は、康暦元年(1379)に室町幕府の管領細川頼之が失脚した事件で、康暦の政変と呼ばれている。土岐頼康はこの政変における反細川派の中心人物の一人で、一時、足利義満に追討令を出されたが、謝罪して赦され、最終的に細川頼之の追放に成功した。

次へ




インデックスへ戻る