鎌倉大草紙2

− 小山義政の乱 − 

 康暦二年庚申(1380)五月五日、下野の住人小山左馬助義政が吉野宮方(南朝方)と称して反乱を起こしたため、宇都宮基綱を大将として退治のために発向して、裳原という所で合戦に及んだ。

 同十六日、宇都宮は、合戦に敗れて討死した。小山は関東の御下知に背いたうえに陳謝の言葉も無かった。

 「謀反の極み」と、鎌倉殿(足利氏満)が御退治することになったが、上杉道合(憲方)が、「京都の加勢を頼まなければ、難しいことになるでしょう」と申し上げたため、康暦三年辛酉(1381)、梶原美作守道景を御使者として上洛させ、白旗一揆の御加勢、合力を願って帰国した。

 同三年二月二十四日、改元して永徳と改める。

 六月十五日、鎌倉右兵衛督氏満が、小山義政の御退治のために関東十二か国の軍勢を率いて発向された。先手の大将は、上杉安房入道道合(憲方)、同中務禅助(朝宗)、木戸将監範季らである。

 武衛(兵衛府の唐名。右兵衛督氏満のこと)は武蔵府中の高安寺に陣を取られ、御先手として上杉憲方が大将として小山に馳せ向い、攻め寄せた。小山はかなわず、九月十九日に降参すると申し入れて来たため、お許しになると仰せ下された。しかし、小山は何を思ったのか府中の陣には参上しなかった。

 空しく年が暮れて翌年の二月、また木戸将監範季と上杉中務禅助(朝宗)を大将として、十二か国の軍勢が発向して小山の鷲の城をお攻めになった。

 同十六日、上州と武州の白旗一揆が、大将の下知の無いままに鷲の城の外郭を攻め破って城内に討って入った。しかし、城に籠もる軍兵がここを先途と防戦したため、白旗一揆は多数の手負いや死者を出して戦いに敗れ、大半が帰国してしまった。

鷲城本丸(中城)に鎮座する鷲神社。この神社が、「鷲城」という名前の由来となった。 鷲城本丸(中城)の南側の土塁。木の生えているところに土塁が続いており、土塁の向こう側には深い空堀が残っている。 左手の林が鷲城址。鷲城の西側には思川(おもいがわ)が流れ、西の守りになっている。

 十一月七日、これにもひるまず、先手の人々が堀を埋めようと埋め草を持ちよって攻めた。城は手ごわく防戦して、多数の手負い、討死が出た。しかし、城を救援する兵が無く、兵糧が尽きたため、同八日、小山義政から禅僧を使者として、「愚息若犬丸に家を渡し、自分は隠居いたしますので、若犬丸をお許しになって小山の家を相続させていただきたい」と、降伏を申し入れて来た。そこで、布施入道得悦を御使者としてお許しになった。

 同九日、鷲城を両大将に渡し、白昼に三百人余りが祇園の城に移った。祇園城、新城、岩つぼ、宿城の門戸を開いて、味方の人々が城に出入りした。

 同十二日(一書に十六日)、義政は出家して大衣の姿となり、法名永賢と号す。

 梶原美作守道景と三浦二郎左衛門の両人を検使として遣わされ、上杉が永賢(小山義政)と対面した。若犬丸も出仕し、同名三人も共に参上して、御太刀と御馬を進上した。

 ところが、何が気に入らなかったのか、翌年の三月二十三日、永賢入道と若犬丸は祇園の城を自焼して、糟尾奥に城を構えて立て籠った。

 同二十九日、木戸、上杉、白旗一揆が発向。白旗一揆は以前の恥をすすごうと、まず初めに長野城を攻め落としてことごとく放火した。

 同十一日、寺窪の城を攻め落とす。

 四月十三日、小山入道永賢(義政)はついに敗れて自害した。その首を取り、同十五日、御陣へ進上した。

 写真は、須賀神社(栃木県小山市)の境内にある七ツ石(夜泣き石)。これらの石は、小山義政の時代に、小山城内で庭石として使われていたと伝えられている。義政の没落後、結城の城に移されたが、夜になると哀れげに泣いたため、結城の城主が小山城の鎮守だった現在地に移し、それからは泣かなくなったという。

 五月一日、武衛(足利氏満)は村岡から鎌倉にお帰りになり、大御堂に逗留された。十二月二十日に御所にお入りになったのは目出度いことであった。




前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ