鎌倉大草紙4

− 明徳の乱 − 

 明徳二年(1391)の冬、山名陸奥守氏清が逆心を起こし、南帝の勅命と号して御旗をあげ、一門を催して京都に攻め上った。

 京公方(義満)が十二月に御動座された由、飛脚が到来した。鎌倉殿も京都に助力するために、明徳三年二月四日、佐々木近江入道の宿所へ向かわれたところ、去年の十二月晦日に山名氏清は討ち取られ、天下太平となったとの飛脚が到来した。

 写真は、北野経王堂 願成就寺(左)と山名陸奥太守氏清の碑(右)。山名氏清の反乱(明徳の乱)が終結した後、足利義満が、氏清とその一族や亡くなった敵味方の供養のために北野天神の社頭に大堂を建立し、北野経王堂願成就寺と名付けて仏事をおこなった。この行事は毎年の行事となり、北野経会と呼ばれた。江戸期になって荒廃したため、縮小して移転されたのがこのお堂で、現在は、千本釈迦堂の南にある。

 四月二十二日、上杉房州道合(憲方)は重病のため管領を辞し、子息の憲定を名代に任じられた。

 この年、京都から、「陸奥・出羽の両国を鎌倉の御分国とするように」と、仰せ下された。「これはただごとではない。八幡宮の御恵みであろう」と、長いこと宮寺の修理をしていなかったのを御再建することになった。

 同十一月二十日、仮殿に御正体を御遷宮。

 応永元年(1394)十月四日、道合(上杉憲方)死去。

 この年の正月、京公方(義満)御拝賀。三月二十九日、御落髪され、義持公が御相続されて征夷将軍に成られたまう。


前へ 次へ



鎌倉大草紙インデックスへ