鎌倉大草紙5

− 奥州宮方の策動 − 

 応永三年(1396)の春の頃、小山若犬丸(小山隆政)は奥州へ逃げ下り、宮方の余党を語らって隠れ住んでいたが、このたび奥州は関東の御分国となって鎌倉から代官、目代が多数下っため、隠れる家も無くなって、奥州の住人田村庄司清包を頼って、故新田義宗の子息新田相州、ならびに、その従弟の刑部少輔を語らって大将とし、白河辺に討って出た。上州、武州に隠れ住んでいた宮方の末葉も、ことごとく馳せ集まった。

 この田村庄司は、征夷将軍坂上田村丸が陸奥守として下向した時、自分の出生の地に子孫を一人残されて、これが代々、田村の庄司と称していたものである。北畠殿が国司だった時から宮方として関東に属さず、自立の志があったため、このたび、小山とも一味同心したのである。

 鎌倉殿(氏満)はこれを聞いてただちに十か国の軍兵を引率して、同二月二十八日に御進発。同六月一日、白河の城に御下向され、結城修理大夫の館に逗留された。

 大軍が下向したと聞いて、新田、小山、田村らはことごとく退散して行方がわからなくなったので、六月十九日に白河を出立され、七月一日に鎌倉に戻られた。

 同四年正月二十日、小山若犬丸の若年の子供二人を会津の三浦左京大夫が召し捕って、鎌倉に進上した。これを実検の後、六浦の海に沈めた。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ