鎌倉大草紙6

− 氏満の死去、満兼の鎌倉公方就任、応永の乱 − 

 応永五年(1398)十一月四日、氏満は四十二歳で御逝去された。前年の夏から精進潔斎して御読経され、逆修の御弔い、御勤めを行った。永安寺殿と号す。

 御弔いの次第は、剃髪正続院周応、掛真円覚寺周満、鎖龕西米院僧海、奠湯素文、点茶寿福寺文、起龕正続院周応、点湯瑞泉寺中快であった。

 また、小祥忌は、奥州の満奥公が執り行った。拈香は建長寺等益。

 若君の満兼公が従四位下左兵衛督に補任されて、公方になられた。御年二十一歳。

 管領は上杉禅助(朝宗)がうけたまわった。引付頭人は二階堂野州入道清春。一方頭人、長井掃部助入道道供。禅律奉行、町野信濃守入道浄吉(一書に詳善)。越訴の奉行は二階堂山城、宮内入道行康らである。

 応永六年(1399)の春から、陸奥・出羽両国の固めとして、鎌倉殿(足利満兼)の御弟、満貞・満直の二人が下向され、稲村と篠川の両所に住まわれた。

 この年、周防の大内介義弘が京都で謀反を起こし、合戦におよんだ。

 この頃、京都での御政道があまりに厳しくて諸人が迷惑していた。氏満公は政道が正しくおわしたため、大内は天下を自分達のものにしようと常々思っていた。しかし、このたび永安寺(氏満)がお隠れになって力を落とし、是非無く堺の浜へ出陣して籠城したのである。

 大内は鎌倉にも、京都に出陣するようにと今川貞世(今川了俊)を通じて再三申し入れて来た。しかし、かねてから上杉入道が若君に固くお諌め申し上げていたため、十一月二十一日、京都に合力するために武蔵府中高安寺に御動座された。それから上州、足利庄に発向されて軍勢を催していたところ、十二月二十一日に義弘は討死したという飛脚が到来し、同七年三月五日、鎌倉に戻られた。その間、足利に御在陣されていた。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ