鎌倉大草紙7

− 伊達政宗の乱と新田相模守の死 − 

 同九年壬午(1402)、奥州宮方の余党伊達大膳大夫政宗、法名円教が陰謀を企て、篠川殿の下知に従わず、一味同心の者らが蜂起したため、同五月二十一日、上杉右衛門佐入道禅秀(氏憲)が大将となって発向した。

 伊達はかねてから赤館というところに城を構え、そこに立て籠もって合戦して、鎌倉勢を追い返し、ことごとく討ち取ってしまった。しかし、近国の大軍が重ねて馳せ向かい、九月五日、伊達は敗れて兜を脱いで降参した。

大河原大河原城址浪合神社 新田殿は去る永徳のころまで信濃国大河原というところに隠れていたが、国中が皆離反して、宮を初め新田一門は浪合というところでみな討死した。父子二人だけが討ち洩らされて奥州へ逃げ下り、岩城の近くの酒辺というところにお隠れになっていた。

 写真左は、大河原の集落の入り口にある福徳寺本堂(長野県大鹿村大河原)。福徳寺は平治二年(1159)の創建と伝えられ、中世には天台仏教の道場であった。大河原には、信濃と甲斐・遠江を結ぶ修験者の道が通っていたといわれる。
 写真中央は、大河原城址。南北朝時代には、大河原、鹿塩、大草を領した南朝方の香坂高宗の居館がここにあり、後醍醐天皇の皇子、宗良親王が拠点としていた。
 写真右は浪合神社(長野県下伊那郡阿智村)。ここで襲撃され、亡くなったといわれる尹良親王(宗良親王の子)を祀っている。

 しかし、若犬丸の乱によって奥州にもいられなくなり、相州に忍んで行って、箱根山の奥の底倉というところの小賀彦六という者を頼ってお隠れになっていた。

 しかし、どうやって聞き付けたのか、竹の下の住人の藤曲(一書に藤田。以下同様)という者が忍んで来て、応永十年(1403)四月二十五日、新田相模守入道行啓は底倉山中で討死した。子息の刑部少輔は一緒にいなかったため、相州だけが討死された。

 その恩賞として、藤曲に底倉・木賀をたまわり、藤曲は上杉禅助(朝宗)に属して安藤と改名した。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ