鎌倉大草紙8

− 犬懸上杉と山内上杉 − 


 尊氏公の御母二位殿(清子)の御兄、上杉兵庫入道憲房は京四条の合戦の時に将軍(足利尊氏)の身代わりとして討死した。

 甥の伊豆守重能が養子となり、惣領として立てられたが、これは高師直と事に及んで討たれてしまった。

 そこで、その弟で憲房の実子の上杉修理亮憲藤が暦応元年(1338)から関東の執権を仰せ付けられたが、同年三月十五日、信濃国で討死した。

 憲藤には十四歳の幸松丸と、二男で十二歳の幸若丸という子供がおり、郎党の石川入道覚道がお供して鎌倉へ参上したので、将軍はおおいに感激して、兄は左馬助朝房と名付けて信濃と越後をたまわり、弟は中務少輔朝宗と名付けて上総国をたまわった。

 応永二年(1395)三月、朝宗は関東の執事に任じられた。これが犬懸上杉の先祖である。

 憲房の二男、民部大輔憲顕は山内上杉の先祖である。

 この人は尊氏公と錦小路殿(足利直義)の御兄弟が不和だった時、錦小路殿の味方に参じたため、将軍はこれを憎んだが、知謀の人だったため、関東の守りはこの人がいなければうまくいかないだろうと思し召して、召し出された。そのうえ、基氏公の御乳母子で、幼い頃から抱いて育てた間柄だったため、越後と安房を下されて鎌倉公方の御後見とした。これが山内上杉の先祖である。その子孫は、代々管領となった。



前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ