鎌倉大草紙9

− 足利満兼の死と持氏の相続 − 



 応永十年(1403)十一月十四日、鶴岡八幡宮の御修理が出来て遷宮が行われた。奉行は上杉中務少輔入道禅助(朝宗)である。

(写真は、雨の鶴岡八幡宮。)

 同十六年(1409)六月二十九日の夜、鎌倉の御所がにわかに炎上。公方満兼は、宍戸遠江守の宿所にお移りになった。

 七月十三日から御普請の事始めが行われた。八月二十七日、棟上げが行われた。十二月十八日、御移徒。惣奉行は上杉右衛門佐氏憲。

 応永十七年(1410)五月の頃から公方満兼は御病気がひどく、身体が次第に衰え、多数の医師が集まって秘術を振るい、陰陽師が有験の祈祷を行ったが、その甲斐もなく、七月二十二日、御年二十二歳で御早世された。勝光院殿と号す。

 犬懸の管領朝宗入道禅助は、この君を抱え育てて七十歳になるまで御後見されてきたので、御弔いの時から自分の家には帰らず、僧衣を着て上総国長柄山胎蔵寺に隠居して、武州の目代は塩谷備前守にお申し付けになり、鎌倉の執事は上杉右衛門佐氏憲に仰せ付けられた。

 満兼の若君光王殿が御元服されることになり、偏諱の一字をいただきに、二階堂駿河守が使者として京都に赴いた。

 この時、新田殿の嫡孫が謀反を起こし、廻文で軍勢を催されたので、鎌倉の侍所千葉介兼胤が生け捕りにして、七里浜でこれを討ち、鎮定した。

 また、満兼の御弟満隆に御陰謀の企てがあると言って鎌倉中が騒然となったので、若君は管領の山内の館においでになった。上杉安房守長基(憲定)がいろいろ取り持ったため、満隆が御陳謝されて平静になった。

 応永十八年(1411)六月二十九日、御評定が行われた。御所は童形のため、おいでにならなかった。この日、政所で守公神の祭が行われ、龍口で死活杖祭が行われた。

 十二月二十二日、若君は御元服されて持氏と名乗った。御弟の乙若殿も御元服されて持仲と名乗った。目出度いことである。

 さて、その年は暮れて翌年の同十九年十月、管領上杉安房守入道大全(憲定)が死去した。行年三十八歳。光照寺と号す。同名犬懸右衛門入道禅秀(氏憲)に管領職をたまわった。

 同二十年(1413)三月六日、由比が浜大鳥居御建立。奉行は上杉禅秀(氏憲)である。この鳥居は頼朝公より代々公方(将軍)が御再興されてきたものである。しかし、久しく造営されず、笠木も朽ち果てていたが、この御代に御建立でき、目出度いことである。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ