鎌倉大草紙10

− 上杉禅秀の乱・その1 − 

 応永二十二年(1415)四月二十五日、鎌倉の政所で御評定の時、犬懸(犬懸上杉)の家人で常陸国の住人の越幡六郎某に科があって所領を没収した。禅秀(上杉氏憲)が、さしたる罪科でもないのに不憫だからと言って越幡を扶持されたため、(持氏は)ことのほか御気色を害された。

 禅秀は、「道の道たることを諌めず、法外な御政道にしたがって職にいても何の益も無い」と述懐して、同五月二日、管領職を辞めさせていただけるよう上表された。

 (持氏は)「このようなことをするとは、いよいよもって上意を軽んじている」と御立腹され、ただちに上表を収めて、同月十八日に、故大全(上杉憲定)の子息、安房守憲基を管領に任じられた。

 この年は何となく鎌倉中が騒がしくて、近国の兵たちが忍んで鎌倉に来たため、七月二十日、皆帰国するよう仰せ付けられ、その年は暮れた。

 その頃、京都の将軍家の御弟、権大納言義嗣卿は、御兄の公方(足利義持)を傾け奉ろうとひそかに思し召して、便宜の兵を催され、佐々木六角が御勘気を受けて守護職を召し上げられて閉門していたのをお頼みになった。佐々木は、何を思ったのか貴命に応じなかった。

 間もなくそれが発覚して、応永二十三年(1416)十月二十日、公方(義持)よりの仰せで義嗣卿を召し捕りたてまつり、林光院に押し籠め、厳しく見張りを付けた。

 義嗣は御出家されて法名道縄と名乗った。

 義嗣は故鹿園殿(足利義満)の御愛子で、後々には現在の公方の義持公を御隠居させ、この若君に一度天下を持たせようとひそかに思し召しになっていたが、不幸にも北山殿(足利義満)はその前に御他界されてしまった。義嗣卿は天下の御望みは無いとはいえ、現在の公方(足利義持)と内々は御不和と噂されていた。

(写真は、等持院の足利義持の木像。義持は、父義満の死後、義満への太上法皇号宣下の辞退や対明通交の停止などを行って義満の敷いた筋道を修正し、将軍専制をめざした。)

 先年、伊勢の国司(北畠満雅)が乱を起こした時、近習の輩に勧められて義嗣公はひそかに謀反を起こそうと思し召したが、間もなく勢州は鎮定されたため、力なくこの思し召しは中止された。

 ところが、再び関東で鎌倉殿と管領の仲が悪くなり、乱れているということが伝わって来たので、義嗣公は御帰依の禅僧をひそかにお下しになって、上杉入道禅秀(氏憲)をお誘いになり、持氏公の叔父の新御堂小路殿(足利満隆)をもお頼みになった。

 満隆は、禅秀を招いて相談した。

 禅秀は、

「持氏公は御政道が悪くて、皆が背いています。そのことをそれがしがお諌め申し上げましたが、忠言が耳に心地よくなかったのか御気色が悪くなり、結局、御外戚の人々が悪口を申し上げたために御不審をこうむってしまいました。

しかし、誤りがなければ鰐の口を逃れることもできるものです。『世はただ恩のために仕え、命は義によって軽し』と申しますから、このように不義の御政道が積もればやがては謀反人が出て来るでしょう。世を覆すようなことが起こるのは間近でございましょう。ひそかにうけたまわっている子細もあります。他人に世をお取られになったりしたら、御当家(足利満隆)が御嘆き申しても余りあることでございます。君も、さる応永十七年の秋、佐介入道大全(上杉憲定)の讒言で危うい目を御覧になったお恨みをお忘れではありますまい。

今京都の大納言家(足利義嗣)からお頼みになって来たのこそ幸いでございます。急いで心を決め、今こそ御運をお開きになってください。京都の御下知を公方の御教書と称して禅秀が取り持ち語らいますので、関東においては参らない者がおりましょうか。日をおかずに心を決めて鎌倉を攻め落とし、その勢いで御上洛されれば、天下の反復はまのあたりでございます」と、謀反を勧めた。

 満隆はおおいに喜び、「内々にはいろいろ子細があったが、自分にはこれ以上の望みは無い。甥の持仲(持氏の子)を猶子にしているので、これを取り立ててほしい」と言って同心したため、初秋から禅秀は病気と称して引き籠もり、謀反を企てた。

 犬懸の郎党が国々から兵具を俵に入れ、人馬に負わせて鎌倉に上ったが、兵糧のように見せかけていたので誰にも気付かれなかった。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ