鎌倉大草紙11

− 上杉禅秀の乱・その2 − 

 新御堂殿(足利満隆)の御内書に禅秀(上杉氏憲)が副状を付けて廻文を回し、持氏公と憲基を追討するよう京都から仰せ遣わされたように見せかけて兵を募った。

 それを請けて集まった人々は、千葉介兼胤、岩松治部大輔天用(岩松満純)、この二人は禅秀の婿なので申すに及ばず、そのほか、渋河左馬助、舞木太郎、児玉党では大類、倉賀野、丹党の者ども、その他、荏原、蓮沼、別府、玉井、瀬山、甕尻。甲州からは武田安芸入道信満が禅秀の婿なのでまっさきに来て、ほかに小笠原の一族。伊豆からは狩野介一類。相州からは曾我、中村、土肥、土屋。常陸からは名越一党、佐竹上総介、小田太郎治朝、府中、大掾、行方、小栗。下野からは那須越後入道資之、宇都宮左衛門佐。陸奥からは笹河殿(篠川御所足利満直)に頼んだため、蘆名盛久、白川、結城、石川、南部、葛西。海東四郡の者どもは、みな同心した。鎌倉在国衆では、木戸内匠助父甥、二階堂、佐々木一類を初めとして、百人余りが同心した。

 このように国々の勢が揃って、同十月二日の戌の刻の頃、新御堂殿(満隆)と持仲御所がひそかに殿中から抜け出して、西御門宝寿院においでになって御旗を揚げられた。その夜、犬懸の郎党の屋部、岡谷の両人が手の者を引き連れ、塔辻に下り、処々に堀切、鹿垣を結い廻し、走り矢倉を上げ、持ち楯をつき、家々の幕をうち、一揆の旗を打ち立てた。

 禅秀は御所へ参上して持氏公を虜(とりこ)にしようと準備した。

 写真は、「足利公方邸旧跡」の碑(鎌倉市浄明寺四丁目)。金沢街道沿いのこの地に歴代鎌倉公方が住んだ。

 その時、持氏は泥酔して寝ていらっしゃったが、木戸将監満範がおそばに近付いて起こして、反乱が起きたことを申し上げた。持氏は、「そうではない。禅秀は容体が良くないそうで、今朝息子の中務が出仕したが、生きているかどうかもわからないと言って帰宅した」と、仰せになった。

 将監は、「それは謀反のはかりごとで、仮病を使ったのです。すぐに敵が御所に攻め込むでしょう。館内は狭く、防御するのに馬の駆け引きが思うようにいきません。ひとまずここを出て、佐介(上杉憲基)の館にお入りください」と言うと、馬に乗せて、塔辻は敵が篝火を焚いて固めていたので、岩戸の上の山道をたどって十二所にかかり、小坪を出て前浜から佐介のもとに送り届けた。

 お供は、一色兵部大輔、子息左馬助、同左京亮讃州兄弟、掃部助、同左馬助、龍崎尾張守、嫡子伊勢守、早川左京亮、同下総守、梶原兄弟、印東治郎左衛門尉、新田の一類・田中、木戸将監満範、那波掃部助、島崎大炊助、海上筑後守、同信濃守、梶原能登守、江戸遠江守、三浦備前守、高山信濃守、今川三河守、同修理亮、板倉式部丞、香川修理亮、畠山伊豆守、筑波源八、同八郎、薬師寺、常法寺、佐野左馬助、二階堂、小瀧、宍戸大炊助、同又四郎、小田宮内少輔、高瀧次郎以下、五百騎あまりであった。

 安房守憲基はこのようなことになっているとは夢にも思わず、酒宴していらっしゃった。

 そこに上杉修理太夫が三十騎ばかりで馳せ来たり、「禅秀入道と新御堂殿(足利満隆)が持仲公をそそのかし、御所をも虜にしてすぐにここにも攻め寄せるでしょうに、このようにのんびりされているとは」と、呼びかけた。

 憲基は少しも騒がず、「何ほどのことがあろうか。大将の満隆は、先年、もってのほかの噂が流れて大事に及んだのを、我が親の大全(憲定)の恩で御命を助かったのに、どうして我らに向かってそのような悪事を思い立つことがあろうか。天の責めを逃れることはできまい。また、禅秀は応永九年の夏に奥州伊達大膳大夫の退治の時、赤館の合戦に敗北して両国の兵に見限られたというのに、いまさら誰が彼に従おうか」と言っていたところに、上杉蔵人太夫憲長が十四騎で駆けつけ、門を開かせ、「敵味方はわからないが、前浜に軍勢が充満している。御出馬ください」と、呼びかけた。

 そこで、憲基は物の具をつけ、長尾出雲守、大石源左衛門、羽継修理大夫、舎弟彦四郎、安保豊後守惟助五郎、長井藤内左衛門、そのほか、木戸、寺尾、白倉、加治、金子、金内を初めとして宗徒の兵七百騎あまりが相伴して打ち立った。

 房州(憲基)は、「まず御所へ馳せ参り、上様がまだつつがなくていらっしゃったらお供して入り奉り、もしも御所を敵が取り巻いていたら、西の御門に火をかけ、宝寿院に押し寄せて一戦しよう」と申し合わせていたが、そこに持氏公が来たので、皆おおいに喜び、改めて勇み立った。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ