鎌倉大草紙12

− 上杉禅秀の乱・その3 − 

 次の日は悪日だったので犬懸(禅秀方)からも攻めかけず、佐介(憲基)からも攻め寄せず、同四日の未明から、諸方に御勢を差し向けた。

 まず、浜方面の法界門には長尾出雲守を初めとする房州(憲基)の手勢。甘縄口小路には佐竹左馬助。薬師堂方面には結城弾正。無量寺は上杉蔵人大夫憲長、気生坂(化粧坂)は三浦相模の人々、扇谷を上杉弾正少弼氏定父子、その他あちこちに馳せ向かって陣を取った。

 同日、新御堂殿(足利満隆)も宝寿院から打ち立たれ、御馬廻り一千騎余りで若宮小路に陣を取られた。千葉大介満胤、嫡子修理大夫兼胤、同陸奥守康胤、相馬、大須賀、原、円城寺下野守を初めとする八千騎あまりが米町表に控えた。

 佐竹上総入道、嫡子刑部大輔、二男依上三郎、舎弟尾張守の一類に、土佐美濃守、三河常陸介の郎党、河合淡路守、長瀬河西の者を初めとして百五十騎あまりは、浜の大鳥居から極楽寺口に陣を取った。

 一方、犬懸入道(上杉禅秀)の勢は、嫡子中務大輔(憲秋。憲顕とも)、舎弟修理亮等、千坂駿河守、子息岡谷豊前守、嫡孫孫六、甥弥五郎、従弟式部大輔、塩谷入道、舎弟平次左衛門、蓮沼安芸守、石河助三郎、加藤将監、矢野小二郎、長尾信濃守、同帯刀左衛門、坂田弾正忠、小早川越前守、矢部伊予守、嫡子三郎、そのほか、臼井、小櫃、大武、沓係、太田、榊田、秋元、神崎、曾我、中村の者どもが二千騎あまりで鳥居の前から東に向かって、鉾矢形に布陣した。

 こうして国々の軍勢が集まったので、同六日に十万騎で六本松に押し寄せた。上杉弾正少弼氏定が扇谷から馳せ向かって、ここを先途と防ぎ戦った。

 岩松治部大輔(満純)と渋川左馬助が入れ替わりながら攻めたので、霜台(鎌倉府)の勢の上杉上野介松山城主と疋田右京進が討死した。氏定自身も深手を負って引き退いた。

化粧坂 岩松治部大輔はいよいよ勝ちにのり、気生坂に押し寄せて勝鬨を上げた。

 写真は、化粧坂。

 霜台の勢が敗れたため、御馬廻りの人々の梶原但馬守、海上筑後守、同信濃守、椎津出羽守、園田四郎、飯田小次郎以下、三十騎あまりが気生坂(化粧坂)に登って防戦した。

 しかし、敵方にも新手が大勢馳せ加わり、いよいよこれに力を得て、揉みにもんで攻めて来たため、梶原但馬守と椎津出羽守は討死し、飯田、海上、園田四郎も痛手を負って無量寺に退いた。

 禅秀方の二階堂信濃守、同山城守、その他、駿河・下総の勢が集まって、新手二百騎あまりで攻め寄せた。上杉蔵人の手の者がこの勢に駆け合い、大庭を初めとして残らず手負いとなって引き退いた。

 あちこちの合戦で味方が敗北したため、岩松治部大輔と渋川左馬助の配下の兵が国清寺上杉憲顕建立に火をかけた。火炎が吹きかけたため、味方の兵共は煙にむせび、弓を取ることもできずに落ちて行った。江戸近江守、今川三河守、畠山伊豆守、その他、宗徒の兵三十人あまりが討死した。

藤沢遊行寺 そのうち、佐介(憲基)の館にも火がかかり、消火しようがなかったため、持氏を館から落ち延びさせた。安房守(憲基)もお供して、極楽寺口へかかり、肩瀬腰越の汀を過ぎて、黄昏の頃に小田原の宿に到着された。

 弾正少弼氏定(扇谷上杉)は深手を負い、お供することができずに藤沢道場に入って自害してお亡くなりになった。行年四十三歳。

 写真は、時宗の総本山、清浄光寺(藤沢道場)。通称遊行寺。

 そこに、土肥・土屋の者どもは元来禅秀一味だったので、小田原の宿に押し寄せて風上から火をかけて攻め込んだため、御前(持氏)と憲基を落とし、兵部大輔憲元父子と今川(今川三河守)が防いで討死した。

 御前(足利持氏)と憲基は、夜のうちに箱根山にお入りになった。そこで夜を明かし、翌日七日の午の刻頃、箱根別当証実がお供して、これを案内者として駿府の今川上総介を頼ろうと相談し、駿河の瀬名へお向かいになった。今川上総介範政は氏定の聟で、御所にも日頃通っておられたからである。

藤沢遊行寺 あとから来た人々は御所の行方を知らなかったため、伊豆の名ごやの国清寺にいらっしゃると聞いて、木部将監以下の宗徒の人々がみな国清寺に馳せ集まった。

 敵も、御所が名ごやにいらっしゃると思ったのか、狩野介と伊豆奥の兵どもが走湯山の大衆を語らい、大軍で同十日に国清寺に押し寄せた。

 写真は、国清寺(静岡県伊豆の国市奈古谷)。もとは鎌倉公方足利基氏の執事だった畠山国清が創建した律宗寺院だったが、上杉憲顕(山内上杉の祖)が無礙妙謙を開山として臨済宗に改め、伽藍を整備した。義満の時代には、関東十刹の一つに数えられる大寺院となっていた。

 寺中には御奉公の面々や佐介(憲基)の手の者、都合百人あまりしかいなかった。

 そこで矢戦になって時間が過ぎたが、やがて寺中の矢だねが尽きたため、敵は持ち楯をついて攻め寄せ、武士と大衆と入れ代わり立ち代わり火をかけながら攻めたので、憲基は夜にまぎれて落ちられた。木部将監満範を初めとする二十一人が、高矢倉に上り、一同に自害して亡くなった。

 安房守(上杉憲基)は越後をさして落ち行き、公方(持氏)は瀬名まで落ちられた。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ