鎌倉大草紙13

− 上杉禅秀の乱・その4 − 

 新御堂殿(足利満隆)と持仲は鎌倉に御座して、関東の公方と称された。しかし、近国はいまだ持氏の味方で、召しに応じなかったため、それでは討手を差し向けようと、持仲を大将軍として、中務大輔憲顕(憲秋。禅秀の子)と弟の伊予守憲方が武州に発向した。

 憲顕は労ることがあってとどまり、予州(憲方)を大将として十一月二十一日に机辺まで出陣した。持氏の味方として、江戸、豊島、二階堂下野守と南一揆、宍戸備前守の兵どもが入間川に馳せ集まって布陣した。

 伊予守は持仲のお供をして入間川に発向したが、同二十三日、その途中の谷原で合戦が始まり、終日戦った。伊予守は敗北して、鎌倉に向かって引き返した。江戸、豊島が勝った勢いで追いかけたため、伊予守と持仲は二十五日にようやくのことで鎌倉に帰られた。

 また、上野国では禅秀の婿の岩松治部大輔(満純)が本名といって新田と名乗り、館林のあたりに討って出て、国中の過半をしたがえた。十二月十八日、甲良、横瀬、長尾但馬守が持氏の味方として岩松と合戦した。岩松の家老、金井新左衛門が討死して岩松は引き退いたが、同月の二十二日、岩松は再び大軍で押し寄せた。横瀬と長尾は勝ち誇っていたところだったので、すぐに押し寄せて残らず追い散らした。

 そうしているうちに、駿河国の今川上総介範政が京都に注進申し上げたので、ただちに禅秀一類、ならびに、新御堂殿と持仲公を追討するようにとの御教書をたまわった。上総介は、関東の諸家に回状を出された。
(原文では、ここに回状の内容が挿入されていますが、省略します。漢文で、まともに訳せる自信無し)

 やがて今川勢は、葛山、同荒河治部大輔、大森式部大輔、今川門族瀬名陸奥守を先陣として、三島に布陣した。そして、足柄を越えて曾我、中村を攻め落とし、小田原に陣を取った。

 朝比奈、三浦、北条、小鹿は箱根山を越え、伊豆山宗徒と土肥、土屋、中村、岡崎を攻め落とし、小田原国府津前川に布陣した。

 年が明けて応永二十四年正月一日、満隆御所と禅秀が鎌倉から武州世谷原に陣を取り、南一揆、江戸、豊島と合戦して、江戸、豊島が敗北して引き退いた。しかし、上方からの討手が小田原まで攻め下り、味方が負けるに違いないと噂されたため、敵は負けても喜び、味方は次第に力を落として、同九日には、ほとんどの味方は心変わりして敵に加わってしまった。

敵御方供養塔 持仲、満隆、禅秀はどうにもできず、その夜、鎌倉に没落され、同十日、禅秀と子息は宝性院快尊法印の雪下御坊に籠もり、満隆御所、持仲、右衛門佐禅秀俗名氏憲、子息伊予守憲方、その弟憲春、宝性院快尊僧都、武州守護代兵庫氏春を初めとして、ことごとく自害して亡くなった。

 写真は、清浄光寺(藤沢遊行寺)の「敵御方供養塔」。上杉禅秀の乱の際、遊行寺の尊恵上人が、一山の僧と近在の人々を集めて敵・味方(御方)の負傷者の手当てを行い、この石塔を建てて双方の戦没者を供養した。

 禅秀の嫡子憲顕(憲秋)はこの合戦の前に労ることがあって引き籠もっていたが、どうやって逃れたのか、ひそかに京に逃げのぼられた。

 今川勢と江戸・豊島は両方から鎌倉へ乱入した。こうして持氏御所は同十七日に鎌倉へ還御され、浄智寺にお入りになった。

 その後、江戸・豊島を初めとする忠節の人々は禅秀一類の没収地をたまわり、大森は土肥・土屋の跡をたまわって小田原に移り、箱根別当は僧正に任じられた。今川範政は、京都から副将の臨旨をたまわった。

 御所がまだ出来なかったので、同三月二十四日に梶原美作守の館に入御され、卯月二十八日に大蔵の御所に還御された。

 さて、禅秀の婿の岩松入道天用(満純)は禅秀の残党を集めて上野国岩松に蜂起したが、舞木宮内丞が馳せ向かって合戦し、ことごとく追い散らした。天用を生け捕りにして鎌倉へ送ったので、天用は五月十三日に瀧口へ引き出されて首をはねられた。

 彼の先祖は足利義兼の二男、岩松二郎義純が畠山重忠の妻女と名跡をたまわったもので、源家で畠山と号した。義純の二男岩松五郎経兼の子息の遠江太郎政経は、新田下野守頼春(尊卑分脈によれば得川頼有)の猶子となって新田下野太郎と号した。その一男岩松兵部大輔経家は建武七年に討死し、その弟新田岩松兵部大輔直国は後に将軍方となり、鎌倉の基氏公の近臣として武州岩殿山合戦に忠を尽くした。その子は右馬頭持国で、その子治部大輔は若年で早世したため、今の天用がそのあとを継いで国府に至ったが、故なき謀反に与して誅罰をこうむることになった。

 安房守憲基は、何を思ったのか同二十八日に職を辞して三島へ下向したが、いろいろと仰せ下されたので、五月二十四日に鎌倉に帰り、六月三十日に再び管領におなりになったのは目出度いことであった。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ