鎌倉大草紙14

− 義嗣の死、憲実の管領就任、佐竹上総入道 − 

 応永二十五年(1418)正月二十四日、権大納言義嗣卿が終に御生害。行年二十五歳。法号は園条院道縄菴主。

 応永二十六年(1419)三月六日、上杉安房守憲基が病にふせって管領を辞し、子息の四郎憲実が当職をうけたまわって安房守に任じられた。この人は文道に心を懸け、武道をたしなんだので、人々が皆なびき従った。

 応永二十九年(1422)十月三日、佐竹上総入道が家督のことについて御不審をこうむり、比企谷にいたところを上杉淡路守憲直(詫間上杉)が仰せ付けられて発向した。佐竹も討って出て戦ったが、結局かなわず、法華堂で自害して亡くなった。その霊魂が祟りをなしたので、社を建てて神として祭った。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ