鎌倉大草紙15

− 小栗満重の乱と京都との和談 − 

伝小栗満重墓 応永三十年(1423)の春の頃から、常陸国の住人小栗孫五郎平満重という者が謀反を起こし、鎌倉の御下知に背いたため、持氏が退治のために御動座されて、結城の城まで出られた。同八月二日から小栗の城をお攻めになった。

 写真は、藤沢遊行寺内の長生院(小栗堂)にある伝小栗満重供養塔。満重の子の助重が、父と家臣らの菩提を弔ったものと言われている。

 小栗は前もって城外に出しておいた多数の軍勢で防ぎ戦ったが、鎌倉勢は一色左近将監、木戸内匠助を先手の大将として、吉見伊予守、上杉四郎が新手として交代して両方から攻め入ったので、結局城を攻め落とされ、小栗も行方知れずに落ちて行った。

 宇都宮右馬頭持綱も小栗と一味同心して落ちて行ったのを、塩谷駿河守が追いかけて討ち取った。桃井下野守と佐々木近江入道もこれらの一味ということで、同八月八日に討ち取られた。

 八月十六日、結城から武蔵府中に御帰陣され、高安寺に陣を取られた。

 明くる応永三十一年(1424)三月三日、京都から照西堂が使者として下向した。これは、京都の御下知もなく大名を多数御誅伐されたことをお咎めになるためであった。

 持氏はおおいに驚かれ、「京都に対したてまつり、いっさい私曲致しません。これからは、無二の忠勤を果たします」という告文で弁明された。西堂は五月十日に上洛。九月に再び下向して来て、京都と鎌倉は和睦された。このうえなく目出度いことであった。

 十月二十三日、御陣所の武蔵府中の高安寺が炎上したため、持氏公は同十一月十四日に鎌倉へ還御された。

 同十一月二十日、御舎弟の稲村殿(足利満貞)が鎌倉に上られた。これは、このたびの和談のことがこころもとなく思われ、奥州には目代を残し置いてお上りになったそうで、永安寺に逗留された。同二十四日、持氏はお喜びのあまりに永安寺においでになり、御重代の中から御目貫を進呈された。同二十七日には、再び御重代の鐺通しの御腰物をたまわった。どちらも御当家の嫡流相伝の御宝である。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ