鎌倉大草紙17

− 甲斐国をめぐる逸見と武田の抗争・その1 − 

 甲斐国の住人で、逸見中務丞有直という者がいた。

 逸見、武田、小笠原の三家は昔から甲州の大将であった。頼朝の時に加賀見、小笠原は信濃国の守護となって信州に移り、甲州半国は石沢五郎にたまわり、それ以来、代々本郡を知行していた。東郡は加藤、西郡は逸見がたまわったが、その後、一円を武田が拝領して、加藤は武田の被官になり、逸見は公方に御奉公するような形になった。

 逸見は西郡の名字の地だけしか知行していなかったので、なんとかして武田を排して甲州一円の守護になりたいと、持氏公に忠功を尽くしていた。

 このたび、禅秀が乱を起こして京・鎌倉から退治されたが、甲斐の武田安芸入道明庵(信満)は禅秀の小舅であり、千葉修理大夫兼胤は婿であった。持氏の寵臣の二階堂三河守が逸見の縁者だったので、逸見は二階堂に頼んで甲斐のことをあれこれと希望した。

 甲斐国は関東の御分国で基氏の頃から鎌倉に出仕していたが、明庵(武田信満)は禅秀の事でとがめられるのを恐れて出仕しなくなった。

 そこで、鎌倉から軍勢を向けることになった。大将は上杉淡路守憲宗であった。千葉はすぐに降参し、武田安芸守信満は都留の都に討って出て二年に渡って合戦したが、多勢に無勢でかなわず、結局敗北して甲州都留郡木賊山で自害して亡くなった。法名明庵道光。応永二十四(1417)年二月六日のことであった。

 安芸守信満の一男、武田三郎信重は都留郡に生まれ、母方は平氏小山田弥二郎の女の腹であった。信満が亡くなったあと、信重は出家して法名を光増坊と号し、ひそかに高野山に上って、その後、道成と改名した。

 そのころ、祖父陸奥守花峰入道(武田信春)の末子の武田信濃守信元も、禅秀の一味ではなかったが恐れをなして出家し、高野山に上って空山と改名して閑居した。

 甲斐国は逸見にたまわり、逸見が甲斐に入った。しかし、これは京都公方(将軍)から御引き渡しがあったわけではなく、鎌倉殿の御意だけであった。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ