鎌倉大草紙18

− 甲斐国をめぐる逸見と武田の抗争・その2 − 

 この時、信満入道明庵の二男に右馬助信長という人がいた。一人で国に帰り、郡内の加藤入道梵玄と共に西郡に押し寄せ、逸見と数年にわたって合戦した。

 この加藤がどのような者かというと、頼朝の頃、武田の兄弟で安田遠江守義定といって、遠江をたまわった人がいた。梶原が讒言して安田謀反と頼朝に申し上げたため、頼朝は梶原と、加藤の先祖の加藤景廉の二人に討手を申し付けた。義定は法光寺で自害したので、義定の旧領を加藤に下された。

 甲斐国に加藤という在所があるが、これはその加藤妙法房のいた場所を後に在所の名としたものである。梶原の末子の源五景則という人も甲州に来て、その名字もこの国に伝わっている。義定の亡魂が出るので恐れをなし、法光寺に多門天王を造り、義定の亡骨を中に収めて弔ったものが、法光禅定といって今も残っている。加藤景廉の末孫なので、この梵玄入道も、頼朝からたまわった義行の長刀を所持していた。

 逸見・武田両家の合戦は応永二十四年(1417)に始まり、ついに逸見が敗北して、あるいは討死、あるいは自害に及んだ。

 残った人々が鎌倉に戻って嘆いたため、持氏はおおいに怒りたまい、応永三十三丙午(1426)、一色刑部大輔持家を大将として一千騎あまりが甲斐に発向した。

 甲州は要害の国で、人心も不敵だったため、鎌倉勢を事ともせずに戦い、持氏方はたびたびの合戦に敗れたので、持氏自らが旗を向けられた。

 同六月二十六日、武州横山口から発向されて武田をお攻めになった。信長も猿橋に馳せ向かって攻め戦ったが、同八月一日、武州の七党が秩父口から乱入したため、信長はかなわず、八月二十五日に兜を脱いで降参した。これをお許しになって、鎌倉へお連れになった。加藤入道は無双の大力で、鉄の棒を杖について鎌倉に上ったので、見る人は目を驚かした。


前へ 次へ


鎌倉大草紙インデックスへ