鎌倉大草紙19

− 甲斐国をめぐる逸見と武田の抗争・その3 − 

 その後、甲州を逸見に下されるよう、海老名三河守を使者として京都に再三御訴訟されたが、その頃の公方義持公は、「高野山にいる信濃守信元を召し出してこれにたまわるように」との御上意で、信元が国に打ち入った。鎌倉殿も力及ばず、信元に御教書をたまわった。

 逸見は元のとおり、西郡の名字の地だけを知行した。

 信元は武田陸奥守となって、鎌倉に出仕した。法名は浄国院。

 信元には彦次郎という一子があったが、父よりも先に逝去してしまった。信長は甥でもあり、武勇にもすぐれているので信長に家を譲りたく思ったが、かつて禅秀に与した罪があったので、京からお許しが出なかった。

 そこで、信長の一男の伊豆千代丸といって、土屋の娘が産んだ子を養子にして、系図、ならびに代々の御感書、手次、証文、残らず相伝させた。

 その頃、信元の家来の跡部駿河、同上野という者が甲州の守護代だったが、一族が多くて何かにつけ信元の意に背き、横行していた。跡部は、信元が亡くなったあと伊豆千代に背いた。

 甲州には輪宝一揆と日一揆という二つの一揆があった。輪宝一揆の侍が跡部に味方して逆心を企てた。信長方は加藤も亡くなり、日一揆の人々だけでたびたび合戦したが、運が尽き果ててしまったのか川合戦に日一揆が敗れてしまい、信長は忍んで信濃へ越えて、京に上られた。

 この時、甲斐は鎌倉の分国だったので、持氏を頼まれればそのうち御加勢をたまわることもできたのに、何を思ったか信長は京に上られた。これが、上方と鎌倉殿の御意趣の始まりであった。

 その頃、京公方は普光院殿(足利義教)の御時であった。何を思し召されたのか、まず信長に遠江国蒲の庄御厨で千貫の地を懸命の地としてたまわった。

 信長が初めて京に御奉公してしばらく徘徊してまわっていた時、兄の道成(信重の法名)が高野山から下りて京に出て来たことがあった。公方が、「これは禅秀一味の張本だ。討って参れ」と仰せ下されたが、信長は兄に孝行第一の人だったので、西国に隠して食料を運んで扶助した。

 その間、公方の御下知も無いままに跡部兄弟がしばらく国を押領した。

(鎌倉大草紙はこのあとの数十年間分が欠けているため、現代語訳はひとまずこれで終わりにします。関東のその後については、永享記に描かれています。甲斐国がこのあとどうなるかを一応説明しておくと、武田信長に庇護されて生き延びた信重が、結城合戦で戦功を上げて甲斐守護になり、跡部を追って甲斐国に入ります。その五代後に武田信玄が生まれることになります。このあたりのことは、鎌倉大草紙の後半に記されています。)


前へ ひとまず終わり


鎌倉大草紙インデックスへ

入り口に戻る