鎌倉大草紙20

− 永寿王 −

 鎌倉成氏は、同姓持氏の一乱の時、永寿王といって五歳であったが、永享十一年(1439)十一月一日、鎌倉小八幡社に落ち延びた。瑞泉寺の昌在西堂が庇護して常陸国住人筑波別当大夫と郎党二人がお供申し上げて甲州に忍び行き、鍛冶の家に隠れた。

 その後、信濃へ落ちて大井越前守持光を頼って隠れ住んでいたが、同十三年(1441)三月四日、舎兄二人が常陸国中郡で蜂起して逆心を企て、同十一日結城氏朝を頼んで籠城したので、大井持光の家臣の蘆田と清野の二人がお供して六歳の時に結城の城に籠城した。

 結城落城の時、兄弟三人は生け捕りにされて上洛させられた。

 二人の兄は十二歳と十三歳であったが、物心がついていたので美濃国垂井の道場金輪寺で生害となった。

(写真は、永寿王の二人の兄、春王と安王の墓(岐阜県不破郡垂井町字御所野)。今でも花が供えられています。)

 永寿王殿は六歳でまだ東西不覚の様子だったので一命を助け、美濃の守護土岐左京大夫に預けられた。

 この人はどんな果報によるものか、兄弟三人で一緒に上洛させられながら、二人は殺されたのに不思議に命を助けられたのはただごとではない。ひとえに神明の御加護によるものであろう。

 この人が誕生した時からの御祈祷師だった僧が、この人が上洛する前夜に夢のお告げとして一首の歌を蒙った。

罪の身をよそにさながら引きかへて つげに聞きつつよろこびとしれ

 その僧は、あまりにありがたいお告げだったのでこの歌を巻物の裏に書き付け、お別れの時に永寿王に奉った。



次へ


「鎌倉大草紙の後半」インデックス