鎌倉大草紙21

− 上杉憲実 −

 

 やがて関東は、上杉安房守入道(憲実)が鎌倉に居住して政務を司ることになった。

 昔から、主人に敵対する人は二十余年のうちに子々孫々まで亡ぶものである。清盛公は白河院に敵対申し上げ、高倉の宮を討って子孫が絶えてしまった。また、木曾殿も間もなく亡び、その他、西海の合戦でも帝に向かって仇をなした武士はことごとく冥加が尽きてしまった。

 承久の乱で義時が三王を亡ぼし、時政が頼家を失ったのは道理であろうか。子孫が相続はしたものの、その身の冥加は尽き果て、時政は押し籠められて愁死し、義時もまた、召し仕っていた童子のために殺害された。泰時の長男時氏は早世して、次男の武蔵二郎は十六歳で家人によって討たれてしまった。泰時はこのような事態に驚き、上は帝王を敬って礼儀を乱さず、神明を尊び仏法を庇護し、武士や民を懐け、己を責めて安心しなかった。孫の時頼はそれを継いで、なおいっそう主君を尊び、つつしんでこのことに専心したので、天下は平安に治まった。

 上杉安房守もこれらの人々には及ばないものの、礼法を尊んで民を撫育し、政道に専念して諸士を憐れみ、絶えたのを継ぎ廃れたのを興し、政道が正しかったので人々の嘆きも無かった。

 武州金沢の学校は、北条九代の繁栄の昔、学問のあった旧跡である。また、上州が上杉の分国だったので、足利は京都ならびに鎌倉の御名字の地で他の場所とは異なると、足利の学校を建立し、種々の文書を異国から取り寄せてそこに納めた。

 写真は、足利学校跡(栃木県足利市)。

 この足利の学校は上代承和六年(839)に小野篁が陸奥守となって下向した時、この場所に学問所を建てたといい、その旧跡が今に残っていたのを応仁元年(一書に永仁元年)長尾景人の沙汰で政所から今の場所に移して建立した。近代の開山は快元という禅僧である。

 公方の名字の地だからということで、このたび安房守は学領を寄進してさらに書籍を納め、学徒を庇護した。この頃、諸国はおおいに乱れ、学道も絶えていたので、この場所が日本唯一の学校となった。これによって、諸国の人は上杉安房守憲実をますます褒めた。ここには、西国や北国からも学徒がすべて集まった。


前へ 次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス