鎌倉大草紙22

− 成氏の鎌倉公方就任 −



 やがて京都で不慮の事件が起きて将軍義教公が亡くなられ、その御子の義勝公も御早世。その御弟の三寅公が幼くして将軍におなりになった。三管領の合議によって、慈悲を専らとして天下をお治めになった。

 越後の守護上杉相模守房定が関東の諸士と評議して、基氏の雲孫永寿王丸を関東の主君とし、等持院殿(足利尊氏)の御遺命を守り京都の固めとすることを望んで九年間にわたって毎年上洛して訴状をたてまつった。

 無数の贈り物を使って丹精を尽くして訴えたため、奉行人たちも「もっとも」と感じ、しきりに推挙した。そこで、宝徳元年(1449)(一書に文安四年(1447))正月、御沙汰があり、土岐左京大夫持益に預けられていた永寿王殿を許して亡父持氏の跡をたまわることになり、公方が御対面になった。

 御太刀と御馬を下され、同二月十九日、関東へお下りになった。

 その際、この若君の和歌の師であった正徹書記(当時有名だった歌僧。東福寺の書記を勤めていたので正徹書紀、あるいは、徹書紀と呼ばれた)が餞別の歌を送った。

九年きみここのへのうちをだに みずともなれし月な忘れそ
あやうきを天かけりてや まもり剣 雲井のつるが岡のべの神
いにしへの契りたがへずさかへなば 都をあふげ君が行末

 この人は五歳の時に召し捕られて十三歳で関東の主となって下向することになったのは、君恩によるものとはいいながら、ひとえに鶴岡八幡宮、荏柄天神の御加護に違いないと、上洛の時に護持の僧が夢に見た歌を語られたので、徹書記。

歓びと思ひあはせき此秋を つげに北野の夢のしるしは

 こうして永寿王は関東に赴かれた。

 上杉相模守は越後上野の国境で政事を補佐し、同顕定は上野国府に参上して還御の御支度をした。

浄智寺 八月二十七日、上州白井を発って鎌倉へ赴かれるという連絡が入ったので、上杉安房守(憲実)も御迎えに参上しようと支度したが、「考えてみると、御父持氏と兄弟、合わせて三人までもが憲実のために亡くなられたことを、きっと恨めしく思し召しているであろう。身のため、子孫のため、大事となろう」と考え直し、同二十六日の夜、子息三人を同道して伊豆国へ落ち行き、そこで出家して行方知れずにおなりになった。

 永寿王殿は武州府中村岡に御逗留され、国分寺に滞在された。同九月九日、鎌倉に還御。初めは山内の龍奥院にお入りになり、後に浄智寺にお入りになって御所を御造営された。

 写真は、浄智寺(鎌倉市山ノ内)の鐘楼門。永寿王の父の足利持氏が、上杉禅秀の乱で焼失した公方御所が再建されるまで逗留したのもこの寺であった。

 京都から御下知があって上杉安房守(憲実)の行方を探ったが、(憲実は)伊豆国名越の国清寺で子息二人とともに出家となり、兄を徳丹、弟を周清と名付けて西国に落ちて行った。

 末子の竜若丸は幼少だったので伊豆の山家に隠し置いたが、それを老臣どもが何とか探し出して京都へ連絡したので、たとえ幼少であっても老臣たちが補佐し、山の内・扇谷両家の者が相談して京都の御下知を受け、政務を専らにするようにとのことで、管領職を仰せ下された。

 やがて同年十一月晦日、御所ができてお移りになった。永寿王殿は御元服され、京都から御一字を下されて左馬頭成氏と名乗った。龍若丸は上杉右京亮憲忠と名乗った。


前へ 次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス