鎌倉大草紙23

− 成氏と上杉の不和・その1 −

 その後、成氏は父持氏のために忠死した人々の子孫を召し出し、所領をお与えになった。

 この年、宝徳二年(1450)卯月晦日、夢窓国師百年忌に当たって円覚寺黄梅院において大法事が執り行われた。京都・甲州・武州・信州の、国師が開基となった寺から禅僧が鎌倉に集まった。また、京都から勅使が遣わされて、仏統国師と改贈号があった。

 故持氏の御供として討死した里見刑部少輔家基の子、左馬助義実は、房州から討って出て上総半国を押領し、鎌倉に参上した。

 結城氏朝の子息の中務大夫重朝は父が討死した時三才であった。家臣の多賀次郎が懐中に抱いて常陸の佐竹に落とし、そこに隠れていたが、このたび時を得て討って出て結城に帰り、譜代の下人を催して近郷をことごとく討ち従え、鎌倉に参上した。成氏はおおいに喜び、成朝と改名させて近従として召し仕われた。

 成朝は憲忠に対して別儀はなかったものの、出頭の人々はいずれも上杉安房守(憲実)に亡ぼされた人々の子孫だったので、折りにふれて笑中に刃を研ぐような心地がして、何かにつけ危うい様子であった。

 その頃、山内上杉は憲忠が若輩だったため、長尾左衛門尉景仲が名代として諸事を執行していた。

 扇谷上杉は、修理太夫持朝が当主であったが、かつて持氏が滅亡した時、憲実一味の中心人物だったため、出家して道朝と名乗り、子息弾正弼顕房に家督を譲って、憲忠を婿として隠居し、河越に居住していた。しかし、顕房が若年だったため、武州尾越の家臣、太田備中守資清が代わりに政務を執って諸事を下知した。

 太田と長尾は上杉を立てて、憲実の時と同じように関東を治めようとした。この両人は、その頃、東国無双の知者であった。

 また、成氏の出頭人、簗田・里見・結城・小山・小田・宇都宮のほか、千葉新助(胤直)は父は持氏に対して不忠があったが同名陸奥守の勧めによって成氏の味方となり、いろいろと上杉を妨げて権威を振るった。両雄がいる時は必ず争うものなので、太田・長尾とこれらの人々が不和となった。

 このままではきっと上杉を退治しようとすることもあろうと、太田備中守と長尾左衛門尉が相談して一味同心の大名を誘い、事が大きくならないうちにこちらから退治しようと、宝徳三年(1451)卯月二十一日、五百騎あまりで鎌倉の御所に押し寄せた。


前へ 次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス