鎌倉大草紙24

− 成氏と上杉の不和・その2 −

江ノ島 火急の知らせが成氏の元に届いたが、用意の軍兵が少なくて防戦できそうになく、二十日の夜半に江ノ島へ逃れて陣をお取りになった。これは、合戦が難儀に及んだら船で安房・上総に渡り、再び軍勢を催して合戦しようと考えてのことであった。

 写真は、江ノ島(左奥)。

 長尾と太田は腰越まで押し寄せて来た。

 小山下野守が七里灘に馳せ向かって防戦したが、小山は小勢だったため、家の子郎党八十人余りが討死して、自分自身も負傷して引き退いた。

 敵は大軍で由比浜に押し寄せたので、味方の千葉新助、小田讃岐守、宇都宮肥前守が四百騎余りで馳せ向かい、さんざんに追い散らして攻め戦った。太田備中・長尾左衛門方は郎党百二十人余りが討死して、陣を取ることもかなわず、相州糟谷庄に退いた。

 憲忠は、このたびの合戦は自分が指示して始めたものではないが、そのような言い訳は通用しないと思い、相州七沢山に立て籠もった。

 ここに至って、上杉安房入道(憲実)の舎弟の道悦という禅僧が駿州から江ノ島の御所に参上して、「これは憲忠父子が不義の逆意を企てたのではない。家人どもの企てなので、お許しになって御和談していただきたい」と、しきりに訴えた。そこで、成氏は御納得されて、お許しになると仰せ下された。

 諸人は喜び、鎌倉は無事に鎮まった。

 この時、成氏が鎌倉へこの旨を注進した。その書状には次のように記されていた。

 関東の執務については、上杉右京亮憲忠が管領職にあるものの若輩なため、長尾左衛門入道が職務を専らにしておりました。ところが、公務をないがしろにし、太田備中守入道と談合して造意を構えました。火急に及んだため、先月二十日の晩に江ノ島に逃れました。翌二十一日、長尾・太田が大軍を率いて攻め寄せ、腰越浦で合戦となり、小山下野守の家人が討死いたしました。その後、彼らが由比浦に出たところで千葉新助・小田讃岐守・宇都宮以下の味方が数刻にわたって戦い、凶徒らは攻め破られて相州糟谷庄に退きました。

 長棟(上杉憲実)の舎弟の道悦という僧が駿河からまかりこし、降参の訴訟を行ったので、父子ともに許す旨、申し付けました。そうしたところ、参上できかねて、結局、七沢山に要害を構えたという知らせが入ったので、長尾と太田以下の凶徒に速やかに誅罰を加えるよう申し付けました。

 この一件は、ただちに注進すべきところでしたが、長棟(憲実)の帰国を待って談合しようと考えたため、言上が遅れました。

一.右京亮(憲忠)は元々誤りがあったわけではないのに、参上できかねているようです。不憫の至りです。憲忠の被官のうち、長尾の名字の者が数名と、羽続、小幡、小宮山以下数十人がこちらの陣に馳せ参じました。

一.安房入道(憲実)に、関東の政務を執るよう仰せ下していただきたく存じます。

一.去る二十一日の合戦で戦功を上げた者たちに、御感の御教書を下していただきたく存じます。

一.関東の諸侍と武州・上州の一揆の者に、忠節いたすべき旨、御教書を出していただきたく存じます。

一.勝長寿院門主や若宮社務は、元のとおり戻りました。

一.京都に対したてまつり、私曲はいっさいありません。今後も無二の忠勤に励むよう肝に銘じております。安房入道(憲実)がすみやかに帰参するように命じていただけるよう、くれぐれもお願いいたします。これらの趣きをお伝えくだえください。恐々謹言。

五月十二日

左衛門督入道殿



 同八月、成氏は鎌倉にお帰りになった。

 同十月、憲忠は御赦免をこうむり、七沢から帰参した。これは、京都公方(足利義政)の御教書が下って、成氏が和睦されたためである。



前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス