鎌倉大草紙25

− その後の上杉憲実・その1 −

 龍西堂鹿王院が御使者として下向して、「憲忠と和談するように」との京都からの御下知が伝えられたので、このたび成氏に敵対した者たちは赦免された。

 成氏方から一色宮内大輔と武田右馬助(信長)を使者として仰せ下され、憲忠はほどなく七沢の城から山の内に帰り、御所に出仕された。太田備中守と長尾左衛門尉も御赦免をこうむり、御所に出仕し、御太刀と御馬を進上した。伊豆国清寺

 憲実も鎌倉に帰参するよう、京都からも仰せ下され、また、成氏も再三にわたって御使者を遣わされたが、結局帰参しなかった。

 憲実は、最初、伊豆国名越の国清寺で出家して隠れていたが、その後、舎弟の道悦長老と一緒に西国へ行脚の旅に出た。

 写真は、国清寺(韮山町奈古屋)。正式名は、天長山国清萬年禅寺。

 この道悦というのは、初めは上杉三郎重方といったが、中年になってから遁世し、硯屋和尚の御弟子となった無双の道人である。

 この天長山国清寺というのは上杉代々の氏寺で、尊氏将軍の御叔父の上杉兵庫頭憲房、法名瑞光院雪渓道欽のために、その子息の上杉民部大輔憲顕が応安元年(1368)に建立した寺である。この寺の開山は、仏光禅師(子元祖元)の御弟子で夢窓国師(夢窓疎石)の師であった高峰仏国禅師(高峰顕日)の御弟子無礙仏真禅師(無礙妙謙)である。法脈図

 この憲房は、建武二年(建武三年(1336)の誤り正月二十七日、宮方(後醍醐天皇方)が山門(比叡山)から攻め寄せて来た時、将軍御兄弟が危うく見えたので、中御門京極に立ちふさがってさんざんに防戦し、家の子郎党らが皆討死して自身も深手を負い、祇陀林地蔵堂に入って自害された。その間に将軍御兄弟は寺戸のあたりまでお逃げになることができた。

 この合戦の初めから、将軍の一門・近臣は多数いたとはいえ、御命に代わって討死されたのはこの人が最初であろう。ところが、太平記に記されていないため、後の人にはこれが知られていない。

 この太平記という書物は、尊氏の頃から五十年ほどの間の出来事を編集したもので、書き洩らされた合戦も多数ある。四国の合戦や関東、奥州の合戦はほとんど書かれていないと、立花河入が記した太平記評判記に書かれている。

 同書によれば、京村雲大休寺の開基、妙[吉吉]侍者は夢窓国師の法眷で、錦小路殿(足利直義)の師である。高武蔵守(師直)に憎まれて関東に下り、鎌倉五山浄智寺に住んで大同妙[吉吉]大和尚と呼ばれた。同所の五山寿福寺心印可直和尚の師である。悟道発明の人で法身堅固で正念に終わったことがこの寺の旧記に記されている。ところが太平記では、よく知りもしないことを如何なる愚盲の者が書いたのか、妙[吉吉]を妙吉と書き、愛宕の天狗と化したと記されているという。




 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス