鎌倉大草紙26

− その後の上杉憲実・その2 −



 公方家はいずれも憲房を深く敬われ、御弔いも念の入ったものであった。憲顕はこの寺の開基檀徒となって七堂を建立した。楼閣や伽藍が建ち並び、僧侶たちがこの寺で座禅や勤行に励んで、かつては、五百人の僧がいた。

 開山の仏真禅師(無礙妙謙)は応安三年(1370)七月十三日に入滅された。憲顕は応安元年(1368)九月十九日、足利の御陣所で六十三歳で逝去。国清寺桂山道昌と号す。

臨済宗円覚寺派法脈図 第二祖は、源叟妙本和尚という。仏国(高峯顕日)の御弟子である。

 第三祖は、無二法一和尚。仏応国師(太平妙準)の御弟子。

 第四祖は、仏果禅師(天鑑存円)。開山仏真禅師(無礙妙謙)の御弟子。

 第五、存中和尚。仏乗禅師(天岸彗広)の御弟子。

 第六、東洲和尚。これは、仏寿禅師(枢翁妙環)の御弟子。

 第七、心印和尚。妙[吉吉]侍者の御弟子。

 第八、大光禅師仏印僧可和尚(直翁智侃)というのは、上杉兵庫頭憲将の御子息である。東国無双の禅智識で、父の命によって入唐し、在唐十年の後に帰朝して、応永二十四年(1417)正月二十六日、七十八歳で示寂された。

 第九、古釼妙澤和尚は、夢窓国師の御弟子で不動明王の化身である。子供の頃から不動明王の御姿を好んでお書きになった。中年になって、あまりに不動の像が多数あったので、集めて箱に入れ、古い倉に入れておいたところ、その箱から火炎が燃え上がった。寺僧が驚いて火を消し、箱を開けてみると、不動の像から火炎が出たことがわかった。この時から、妙澤和尚のお描きになった不動の威徳が人々にあまねく知れ渡った。それで、この和尚は不動の化身とも言われているのである。

 このように有徳高行の禅僧が住んでいた寺であった。

 その後、天長山国清万年寺という寺名を朝廷から賜った。

 鎮守の社は清瀧権現、文殊明神、来宮明神、杉崎明神、祇園天王、蔵王権現、鷲大明神、四阿山権現等を崇め、また、上杉が代々武州の守護であったためか、武蔵府中六所大明神もこの寺の中に勧請して、社壇が設けられている。

 憲実兄弟は、先祖代々の寺なのでまずこの寺に隠れた後、船で西国に赴かれて周防国に行脚された。

 その頃は、中国の大内殿が、その威勢を中国・九州まで振るっていた。都では武衛(斯波)・細川・畠山の三家とも衰え始め、その後、いずれも二派に分かれて合戦したが、一人として天下の御後見となることができなかった。大内は大名で威勢もあったので、天下の御後見となることを望み、一度でいいから都に上って公方の執事と仰がれ、政道を補佐したいと思っていたが、三家以外は執事となった例はないのでこの願いは叶うまいと、長年の間空しく過ごしていた。

 その時、憲実入道がここへ来たのをこれ幸いと喜んで、憲実入道を雲洞庵高岩長棟庵主と称し、長門国深川大寧寺という会下寺に入れてもてなし、大内殿は憲実の養子となって山内上杉の系図を継いだ。篠の丸に舞雀の幕の紋を請い受け、憲実を父と仰いで崇敬した。

 その後、大内殿が都に上り、「関東管領の家である上杉を継いでいるので、京都の執事職となることに問題はないでしょう」との由を申し上げたので、公方から禁中へ奏聞され、お許しがあって、大内左京大夫義興が初めて上杉から京管領に任ぜられ、御後見の望みがかなえられた。

 その後、年月は過ぎて、憲実は寛正七年(1466)三月六日、深川大寧寺でお亡くなりになった。

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス