鎌倉大草紙27

− 甲斐武田家 −甲斐武田氏略系図

 武田信長は代々鎌倉の近習であったが、この頃は京都におり、結城合戦の時に京の軍勢と一緒に下向した。京勢と共に功名を上げて、その時の忠賞として曾此千津島を拝領した。

 この場所は、故花峯入道(武田信春)が鎌倉に出仕する時に途中で宿をとった場所である。先祖の跡が香ばしくて、この場所に住んでしばらく安堵していたが、成氏が関東に御帰参の際、まっさきに馳せ参じ、代々関東に奉公してきたことを申し上げたところ、御感あって成氏の近習となった。

 甲州は、京と鎌倉の抗争があったために未だに守護代も置いていない状態だったので、西郡は逸見が押領し、中郡と東郡は跡部上野父子が押領して、意のままにしていた。しかし、このままでは公方のお咎めに預かるかもしれないのでよくなかろうと考え、その頃浪人して信長に扶助され、武蔵府中にいた道成入道(信重)を招いて主とした。しかし、国の仕置は、今までどおり自分たちの思いのままにしていた。

 その頃、結城合戦があって、道成入道(信重)は刑部大輔と号し、結城の城に攻め入り、一方の大将、結城七郎の首を討ち取って京都に進上したので、京都から甲州の守護に任ぜられた。やがて、跡部駿河・同上野を討ち取って、自ら国を治めるようになった。果報めでたき人である。

 跡部駿河・同上野は、本主の信長に背き、輪宝一揆の衆を誘って日一揆の衆を亡ぼし、信長を追い出して主の知行を押領し、牢人の道成(信重)を招き入れて意のままに振舞っていたが、天罰を受けてついに子孫まで亡び果てた。

 刑部大輔入道は、宝徳二年(1450)十一月二十四日に逝去した。法名は功嶽道成と号す。俗名信重である。






前へ 次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス