鎌倉大草紙28

− 憲忠誅殺 −

 この頃、管領上杉右京亮憲忠の名代として長尾左衛門入道景仲が勢威を振るっていた。

 八州の中に、長尾の名字の家は三家あった。上州白井の長尾、総州佐貫の長尾、越後の長尾などである。先年の江ノ島合戦の時に成氏に敵対し、長尾一味の者数名が本領を没収された。

 その後、「和談してお許しいただいたので、本領を返していただきたい」と憲忠がしきりに訴えたが、成氏からのお許しは出なかった。そこで長尾は寺社の庄園を押領して家人たちに恩補したため、国々からの訴訟が止むことなく、騒動となって関東の大乱も間近と思われた。

 そこで、「長尾を処罰するように」と成氏が憲忠に下知したが、処罰はおこなわれなかった。

 憲忠の舅の扇谷入道道朝と長尾左衛門入道昌賢は、今こそ東国の大事と思ったのか、ひそかに上州に下り、一味の一族を催して計略をめぐらせた。

 御所方・管領方として二つに別れていたところに上杉・長尾の陰謀が発覚して、日ごろ快く思っていなかった御所方の人々が馳せ集まり、「わずかでも油断すれば味方の一大事となるでしょう。急いで憲忠を退治して関東を鎮めねばなりません」と、成氏に勧めた。

 公方は元々そう考えていたので、もっともなことと喜ばれ、結城中務大輔成朝、武田右馬助信長、里見民部少輔義実、印東式部少輔など三百騎を催し、享徳三年(1454)十二月二十七日の夜、鎌倉西御門館に押し寄せて鬨の声をあげた。

 寄せ手はただちに館に乱入し、憲忠は突然のことで軍兵の用意もなかったので、主従二十二人で切先を揃えて討って出て防戦したが、とうていかなわず、一人も残らず討死した。

 結城成朝の家人の金子祥永・同祥賀が憲忠の首を討ち取り、御所に参上して実検に備えた。「憲忠は管領なので庭に置いてはいけない」と、畳をしいてその上に祥永兄弟をすわらせ、御実検をおこなった。

 御実検の後、金子に多賀谷という名字を下され、常陸国に所領をたくさんたまわった。その子孫は代々結城の家老となった。公方の元に多賀谷が出仕した時は、陪臣なのに庭に畳をしいて公方に拝顔するのは、この時の例によるものである。

 


前へ 次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス