鎌倉大草紙29

− 享徳の乱の始まり − 

 同二十八日、御所の軍勢が山内を追討するために発向した。

 そこで、上杉修理大夫持朝、長尾左衛門入道、太田備中守入道、その他一味の兵一千人余りがしま河原に押し寄せ、後に続く勢を待った。

 成氏の御弟の勝長寿院殿は御所方の要の一人であったが、敵がどうやってたぶらかしたのか、鎌倉を落ちて日光山に行き、敵と一味同心して衆徒を催された。

 成氏方からは武田右馬助と一色宮内大輔が鎌倉を発ち、同二十二日に押し寄せて閧の声をあげた。

 上杉方では、小勢の鎌倉勢が押し寄せて来るとは思いもよらず、油断していたところに不意に攻め寄せられて周章狼狽のありさまであった。利を得た鎌倉勢が三方から火急に攻め寄せたため、上杉方はたちまち敗北し、上州と河越に退いた。

 長尾入道は「これではいけない」と思い、越後守護の上杉定昌を上州に招き寄せ、憲忠の弟の房顕を取り立てて大将とした。越後、信濃、武蔵、上野、その他関八州の上杉に味方する軍兵や故禅秀の子息上杉右馬助憲顕(憲秋)、扇谷持朝入道とも相談して、京都へ御教書と御旗をたまわるよう願い、成氏を退治すべくはかりごとをめぐらせた。

 成氏も京都に使者を送って、「憲忠が不儀逆心を働いたため、仕方なく退治したのです。京都に対したてまつり、不儀は毛頭ございません。京都の御領分をおかすことはまったくありません。ことに足利の庄は御名字の地でございますから、御代官をお下しになって御成敗ください」と再三にわたって申し上げた。

 しかし、京都から御検使が下って、「関東は、ただ成氏が私的な宿意によって憲忠を討ったものである。上意に依らずに関東の大乱をもたらしたことは不儀の至りである」と決し、とうとう御勘気をこうむって、成氏を退治するようにとの仰せが下った。

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス