鎌倉大草紙30

− 享徳の乱・その1 −

 成氏は上州の敵を退治するため、正月五日に鎌倉を発ち、一千騎余りで武州府中に発向して高安寺に陣を取った。これを聞いて上杉方は二千騎余りで上州を発ち、享徳四年(1455)正月二十一日、武州府中分陪河原に押し寄せた。

上杉堂 成氏は五百騎余りで馳せて出て短兵急に取りひしぎ、火が出るほどに攻め戦ったので、上杉方の先手の大将右馬助入道憲顕(憲秋とも)は深手を負い、退くことができずに高旗寺(現在の高幡不動)で自害した。鎌倉勢も勝ちいくさではあったが、石堂、一色以下百五十人が討死して、戦い疲れて分倍河原に陣を取った。

 写真は、高幡不動(東京都日野市)の不動堂裏にある上杉憲顕の墓所(上杉堂)。高幡不動は正式名を高幡山明王院金剛寺といい、平安時代に、慈覚大師円仁が清和天皇の勅願によって当地を関東鎮護の霊場と定め、不動堂を建立したのに始まる。
 享徳四年
(1455)正月、立川原(現・立川市)で足利成氏と会戦した上杉憲顕は、深手を負ってこの寺で自刃した。憲顕の父は、足利持氏(成氏の父)に対して反乱を起こして自害した上杉禅秀。上杉堂の中には、上杉憲顕の墓標と伝えられる自然石が安置されている。

 同二十一日(前の合戦も同日の日付になっている。どちらかの日付が間違いと思われる)、上杉勢の新手の兵五百騎が分倍河原に押し寄せて鬨の声をあげた。成氏の兵はきのうの合戦に勝って勢いがついていたため、敵が攻め寄せるやいなや馳せ向かい、散々に討ってかかった。上杉方の先陣の羽続、大石以下、ことごとく敗れて負けいくさとなった。

 成氏が勝ちに乗って攻め入ったので、里見と世良田が深入りして討死してしまった。これをものともせず、結城、小山、武田、村上が入れ替わって攻めたため、上杉はたちまち敗軍に及んだ。

 後陣に備えていた扇谷房顕は「きたなし、返せ」と味方を諌めながら踏み止まって防戦したが、一度崩れ立った大軍なので引き返して留まる兵もなく、我先に落ちて行ってしまった。房顕の手の者は皆討たれ、自身も深手を負って、夜瀬というところに留まって二十一歳で腹を切って亡くなった。

 成氏は両日の合戦にお勝ちになって、降参した敵は数知れず、上杉・長尾は敗軍の兵を集めて常陸国小栗の城に立て籠もった。

 享徳四年(1455)閏四月、成氏が御進発されて結城に馬を立てられ、小田、簗田、筑波、小山下野守を指し向けて小栗の城を攻撃された。上杉衆も討って出て、数日の間合戦が続いた。

 この合戦の最中に、寄せ手の小田持家の子息朝久が父に先立って病死早世した。父の中務は愁嘆のあまり、「今となっては合戦しても無益」と、陣を引いてしまった。

 成氏はこれを聞いて、さらに新手を入れ替えて大軍で攻めたので、ついに小栗の城を攻め落とされ、上杉方はことごとく敗軍して下野方面に落ちて行った。

 このように上杉方は敗軍に及んだが、京都の御下知をなおざりにはできないので、千葉介入道常瑞(胤直)、同舎弟中務入道了心(胤賢)、宇都宮下野守等綱、山川兵部少輔、真壁兵部大輔らが上杉に味方してあちこちで蜂起した。

 これらの中でも宇都宮等綱は、去る応永の頃、小栗逆心の時に小栗に同心して逆意を企て、塩谷に討たれた右馬頭持綱の子である。その時四才で佐竹に落ち、十九才の時にお許しが出て本領安堵されたが、父の恨みを思い出したのか、このたびは真っ先に敵となって籠城した。

 成氏も、他の敵はあとまわしにして自ら城に押し寄せ、四方から一人も洩らさぬと攻めたてた。

 芳賀伊賀守は宇都宮の家を絶やすまいと考え、紀清両党の兵を引率して、宇都宮の惣領の弥三郎明綱が小山持政の甥だったので小山を頼み、成氏に降参させた。等綱も子の明綱と芳賀伊賀守以下が降参してしまい、防戦する術がなく、籠城できそうになかったため、出家入道して黒衣を着て、城を出て奥州白河へ落ちて行った。

 山川の城と真壁の城も攻め落とされて、いずれも成氏に降参した。

 


前へ 次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス