鎌倉大草紙31

− 享徳の乱・その2 −

 しかし、京都からの御沙汰があって、今川上総介を大将として海道五ヶ国の軍勢に御旗を下され、鹿王院を相添えられて、同年六月十六日、鎌倉に乱入。御所を初めとして谷七郷の神社仏閣をことごとく焼き払った。

 頼朝卿以来北条九代の繁栄は元弘の乱で滅亡し、尊氏卿より成氏の御代まで六代相続の財宝はこの時にすべて焼け失せた。これ以後ずっと、鎌倉は亡所となって田畑も荒れ果ててしまった。まことに浅ましい次第である。

 そうしたところ、越後の守護上杉民部大輔定昌が上州に越山し、兵部少輔房顕を支援して、越後・信濃の軍勢を催した。長尾左衛門入道昌賢は武州・上州の軍兵を催し、上杉八郎藤朝、同名庁鼻和(こばなわ)三郎、同七郎憲明は野州只木山に立て籠もり、成氏退治のはかりごとをめぐらせた。

 また、下総国の千葉介入道常瑞(胤直)と舎弟の中務入道了心(胤賢)は日頃鎌倉の侍所で成氏にたびたび忠節を尽くしていたが、この兄弟は故上杉禅秀の外孫で、このたび禅秀の子息の右馬助憲顕(憲秋)が下向して勧めたので、母方の叔父に一味同心して成氏の敵となった。

 成氏は只木山に押し寄せ、四方の口を塞ぎ、遠攻めにお攻めになったので、兵糧を運び入れることができず、越後・上州の兵どもは一戦にも及ばず、忍びしのびに落ちて行った。長尾はかなわず、両国の一揆を集めて武州埼西郡に退いて陣を取った。

鴻巣御所古河公方館址 成氏は総州葛飾郡古河縣鴻のすというところに屋形を建て、関宿の城に簗田を籠もらせ、野田城には野田右馬助を籠め置いた。さらに、武州、甲州、相州、両総州の味方を集め、埼西郡に発向して上杉・長尾らを退治して関東を再び治めようと出発した。

 写真は、古河公方館跡の遠景(左)と「古河公方館址」の碑(茨城県古河市鴻巣)。現在の古河総合公園の一画にある。
 古河公方の居館跡は「御所沼」と呼ばれる沼で取り囲まれており、居館跡は、この御所沼の中に突き出た半島の上にある。「古河公方館址」の碑の奥には、掘と土塁の遺構が残っている。古河公方は五代義氏で終わるが、その娘の氏姫もこの地に住み、鴻巣御所と呼ばれた。


 京都へは瑞泉寺西堂(昌在西堂)を使節として遣わし、

「京都に対したてまつり、不義はありません。憲忠を誅罰させたことをお許しくだされば、これからは無二の忠勤を励みます。毛頭も野心を差しはさんでいなかったのに、讒佞の者があらぬことを申し立てたために御勢を差し下されることになったのです。御敵になることはあまりに嘆かわしいことです。願わくば、中立の御使節をお下しになって、関東の次第を初めからお調べになっていただければ、都鄙安泰となることでしょう」と、言上させた。

 写真は、金屏山瑞泉寺(鎌倉市二階堂)。開基は二階堂貞藤(道蘊)。中興開基は足利基氏。開山は夢窓疎石。関東十刹の第一座。永享の乱の際、永寿王(後の成氏)を甲斐に逃したのが、瑞泉寺住持の昌在西堂であった(鎌倉大草紙 20を参照)。

 しかし、御返事も下されず、使僧は空しく帰って来た。

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス