鎌倉大草紙32

− 享徳の乱・その3 −

 享徳四年(1455)六月、成氏退治のために、上総介範忠が京都の御教書を持ち御旗をたまわり、東海道の軍勢を率いて鎌倉に発向した。

 鎌倉では、木戸、大森、印東、里見らが離山で待ち受けて防戦したが、ことごとく敗れた。成氏はさらに新手の勢二百騎余りを差し向けて防いだが、敵勢は雲霞のごとき大軍だったのでついに打ち負け、武蔵府中に落ちて行った。

 道中の世谷さいという所で、南一揆が蜂起して待ち受けていた。簗田河内守と結城が先陣となってこれをさんざんに駆け破り、道を開いて、成氏は武州せうぶに落ち着いた。その後、敗軍の士卒を集め、総州下河辺の城に立て籠もられた。

 この時、駿州の軍兵らが鎌倉荏柄天神の社壇を破り、天神の御神体を駿府へ奪い取ったという。しかし、その後、御神体は自ら荏柄にお帰りになった。

 写真は、荏柄天神(鎌倉市二階堂)の本殿。頼朝の鎌倉入部より以前から存在した古社で、社伝によれば、長治元年(1104)、忿怒相の道真の画像が風雨雷電と共に天から神域内の銀杏の木に下り来たって光を発したので当社を創建したという。治承四年(1180)、頼朝が大倉御所の地を選定する際、荏柄天神が東北の鬼門の位置にあたるように選定したと伝えられている。


前へ 次へ


「鎌倉大草紙の後半」インデックス