鎌倉大草紙33

− 享徳の乱・その4(千葉宗家の滅亡・1) −



 千葉介(胤直)の近親に、原越後守胤房、同筑後守胤茂、円城寺下野守尚任という者がいた。いずれもかなりの軍勢を持つ者である。

 中でも原越後守は武功の兵(つわもの)で、公方の元にも出仕しており、成氏が原越後守にしきりに御頼みになったので、越後守は千葉介に、「御所方におなりください」と申し上げた。しかし、円城寺下野守が上杉に誘われて味方の一族を催し、上杉方になるよう千葉介に勧めたので、千葉介父子兄弟は上杉に味方して御所に背いた。

 原はひそかに成氏から加勢を請い、享徳四年(1455)三月二十日、千葉へ押し寄せた。突然のことだったので防戦できず、千葉を落ちて胤直父子(胤直・胤宣)は同国の多胡・志摩、二つの城に立て籠もり、味方の軍勢を催して、上杉からの加勢を待った。

 また、千葉大介(千葉満胤)の次男、千葉馬加陸奥守入道常輝(康胤)父子は馬加(まくわり)から討って出て、成氏の味方となって馳せ参じた。原越後守はおおいに喜び、これを大将として多胡の城へ差し向け、自らは志摩の城に押し寄せた。

 陸奥守入道は古兵(ふるつわもの)で、城を取り巻いて兵糧の道を止め、一方を空けて攻めたので、籠城の兵は皆落ち失せてしまった。

 大将の胤宣は若年で、わずかに二十騎ばかりになり、ついに攻め落とされて乳母子の円城寺藤五郎直時を敵陣に遣わして、「城を明け渡し、自分は仏前で切腹したい」と伝えたので、寄せ手は城を請け取り、寄せ手と公方からの加勢の兵が城外のむさという所の阿弥陀堂へ胤宣を送った。

 胤宣は仏前に向かい、享徳四年(1455)八月十二日、十五歳で切腹した。阿弥陀堂の別当来照院が焼香読経してねんごろに最期のつとめをおこなった。直時も主を介錯したあと、続いて腹を切った。

辞世

弥陀たのむ人はあるよの月(一書に星)なれや 雲晴れねども西へこそ行
見てなげき聞て弔ふ人あらば 我に手向けよ南無阿弥陀仏

 同時に、供として従って来た椎名与十郎胤家、木内彦十郎、円城寺又三郎、米井藤五郎、粟飯原助九郎、池内十郎、深山弥十郎、□本彦八、青野新九郎、多田孫八、高田孫八、三谷新十、寺本弥七、中野与十郎たちも、皆差し違え差し違え、枕を並べて自害した。その首を取り、成氏に進上した。


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス