鎌倉大草紙34

− 享徳の乱・その5(千葉宗家の滅亡・2) −



 一方、志摩の城は原越後守(胤房)が大将となって昼夜の区別なく攻め戦い、同八月十四日の夜、ついにかなわず攻め落とされ、これも土橋というところにある如来堂に移って、別当東覚院に籠もった。

 原越後守は城を請け取ったあと、寺を取り囲み、胤直に従っていた上ロウを招いて、「介殿(胤直)については成氏公に対して不儀があって討手を遣わされたからには、上意計りがたく、どうにもなりません。若君胤宣公は幼い時から御一緒におわさず、なんの不儀もおわしません。馬加殿が哀れに思し召していますので、なんとかしてお命を助け奉りましょう」と、言った。

 ところが、胤宣は既に十二日に御切腹されたとの知らせが来て、越後守も涙を流した。

 同八月十五日、寄せ手が如来堂を十重二十重に取り囲み、鬨の声をあげたので、千葉介入道常瑞(胤直)と舎弟中務入道了心(胤賢)は腹を切った。池内豊後守胤相が介錯したあと、これも切腹した。円城寺因幡守、木内左衛門尉、池内蔵人、多田伊予守、粟飯原右衛門尉、高田中務大輔胤行らは、胤直の御前と上ロウを初め女房たちを刺し殺したあと、思いおもいに腹を切った。哀れというもおろかなことであった。

 別当東覚院が死骸を集め、仏事供養をおこない、無常の煙と焼き上げた。原筑後守胤茂が命じて、骨を千葉の大日寺に送って納め、五輪石塔を建てた。これは、敵とはいいながら譜代の主人だったので、このように丁重に弔ったのである。

 ここに哀れなことがあった。

 下総国金剛授寺に中納言坊という若い僧がいた。書がうまく、胤宣が幼い頃から手習いの師であったが、胤宣父子が切腹したと聞き、弔いのために如来堂に参詣して御経を読み、焼香念仏した。

 そこに別当東覚院がやって来て、胤宣父子の最期のありさまを語り、辞世の歌を取り出して見せたところ、中納言はその歌を見て涙を流し、そのまま仏前へ行って御堂の柱に一首の歌を書き付けた。そのあと外に出て、近くの川の深い淵に身を投じて亡くなってしまった。

見るも憂し夢に成り行く草の原 うつつに残る人のおもかげ


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス