鎌倉大草紙35

− 享徳の乱・その6(千葉家のこと) −




 この千葉介は平将軍村岡五郎重門の末葉で、右大将頼朝の御時、この家の元祖の常胤が鎌倉に無二の忠節を尽くして将軍から御崇敬された。官職や位階は無かったが、諸家の上座に列した。

 一男は、千葉新介(胤正)。二男は、相馬小次郎(師常)。三男は、武石三郎(胤盛)。四男は、大須賀四郎(胤信)。五男は、国分五郎(胤通)。六男は東六郎太夫胤頼といい、東ノ庄三十三郷を知行した。代々歌人で禁中の歌会にも参上したので、子孫は代々在京した。

 常胤の五代の後胤、時胤は鎌倉で死去した。

 六代頼胤の時、総州小金に居住した。この時、鎌倉極楽寺の良観上人を招いて小金のまはしという所に大日寺を建立し、頼朝公より代々の将軍、および、千葉一門の菩提をまつった。

 貞胤の時、これらを千葉へ移した。しかし、大日五仏の尊像は良観が自らお作りになった霊仏で、霊験日々新たで、その後も元の場所におわしたので、その後、貞胤・氏胤が当所に在城の頃、尊氏将軍の御菩提のために夢窓国師の御弟子古天和尚を招いてこの寺の中興開山とし、万徳寺と名付けた。

 この頃、宗胤は三井寺で討死し、貞胤は北国落ちまでは新田義貞に御供していたが、心変わりして尊氏の味方となった。宗胤の子息の胤貞は、宮方として千葉にとどまられた。

 この人の子息日祐上人は法華宗の学匠で、下総国中山の法華経寺の中興開山である。そのため、胤貞は、中山の七堂を建立され、五重の塔をお建てになった。

 その後、胤貞は上洛して吉野に参上した。征西将軍の宮(懐良親王)が御下向された時、お供して九州へ下って、大隅守に補任され肥前国も知行した。

 日祐上人も九州に下向し、肥前国松王山を建立して総州の中山を遷し、末代までこの場所を中山と両山一寺と呼んだ。

 さて、貞胤の子孫はまた千葉へ移り、胤直はその五代である。

 尊氏の時に千葉の家は二流に分かれ、宮方と将軍方となったが、宮方は九州へ下って、その後とうとう下総へはお渡りにならなかった。関東は一統であったが、このたび馬加は成氏公に味方して千葉の跡を継ぎ、原もこれを主として千葉へ移った。その後、原は小金の城に居住した。

 一方、このたび胤直と一緒に討死した中務入道了心(胤賢)の子息実胤・自胤の二人を上杉が取り立て、下総国市川の城に立て籠もらせたので、千葉は再び二流となった。

 



前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス