鎌倉大草紙36

− 享徳の乱・その7(東常縁の下向) −



 同(1455)七月二十六日、改元があって年号が康正元乙亥年と改まった。

 その頃、京都の公方の近臣、東下野守常縁という人がいた。これは、昔の常胤の六男、東六郎太夫胤頼の嫡流である。総州東の庄を知行しながら、代々公方の近臣・歌人として在京していたが、このたび千葉の家が二流に分かれて総州がおおいに乱れたので、「急いで下って一族を催し、馬加陸奥守を退治して実胤を千葉へ移すように」との御下知をこうむり、御教書をたずさえて下向した。

 浜式部少輔春利を伴って下向して、一族や国人に触れてまわったのので、国分五郎、大須賀、相馬を初めとする人々が下野守常縁に従った。

 常縁はその軍勢を合わせて馬加の城へ押し寄せ、さんざんに攻めたので、原越後守は討って出て一昼夜防戦したがついにかなわず、千葉を目指して退いた。その勢いに乗って、上総のそこここに拠点を定めた。

 敵城が自落したので、浜式部少輔を東金の城へ移し、常縁は東の庄へ帰還した。

 成氏は、武田右馬助、里見、簗田、一色宮内大輔、鳥山らに三百騎余りを添えて、埼西城をお攻めになった。康正元年(1455)十二月三日、上杉、庁鼻和、長尾左衛門、武州七党の者どもが討って出て防戦したが、上杉方が敗れて引き退いた。

 同六日、御所方の寄せ手が手痛く攻めたので、ついに城は攻め落とされた。上杉衆数百人が敗れて討死した。

 しかし、総州の合戦では馬加陸奥守と原越後守が野州常縁にたびたび敗北し、市川の城に大軍が立て籠もって、千葉新介実胤を取り立てて本領を安堵させようとしているという知らせが入ったので、成氏は南図書助、簗田出羽守、その他大勢を遣わして数度にわたって合戦し、康正二年(1456)正月十九日、ついに城を攻め落とした。

 実胤は武州石浜へ落ちて行き、自胤は武州赤塚へ移った。両総州の兵どもの大半は、成氏に降参した。

 関東八州のあちこちで合戦のやむことがなく、おのずから修羅の巷となり、人民は耕作を営むことができず、飢饉がおこって数知れない人々が餓死に及んだ。

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス