鎌倉大草紙37

− 享徳の乱・その8 −

 上総国には武田入道(信長)が討ち入り、庁南の城と真里谷の城を拠点として父子で立て籠もって国中を押領した。房州の里見はこれに力を得て、十村の城から蜂起して国境へ軍勢を出し、あちこちを押領した。簗田河内守は関宿から討って出て、武州足立郡をなかば以上押領し、市川の城を取った。

 写真は、真里谷城址に建つ城山神社(写真左)と主郭部の入り口(写真右)。写真右の左手には、「千畳敷」と呼ばれる削平地が広がっており、右奥から鍵の手に曲がって右手前に向かう通路が伸びている(写真右側の一段低くなっているところ)。主郭の千畳敷には、この通路(枡形)を通って入る構造になっている。
 真里谷城は康正二年
(1456)に武田信長が築き、以後、その子孫(真里谷武田氏)が在城したが、1538年の国府台の合戦で里見氏と同盟して北条氏に敗れ衰退、天正十八年(1590)真里谷信高の時に、豊臣秀吉の関東平定にともなって廃城となった。

 上杉方も、三浦介義同は三浦から蜂起して相州岡崎の城を取り、近江を押領した。大森安楽斎入道父子は竹の下から蜂起し、小田原の城を拠点として近郷を押領した。また、武蔵国では上杉入道性順と子息の右馬助顕豊が武蔵人見に討って出て、上州の味方と一緒になり、深谷の城を拠点に定めた。

 成氏はこれを聞き、敵に猶予を与えてはいけないと、同十月十七日、鳥山右京亮と高因幡守を先駆けとして二百騎余りの軍勢を遣わした。

 上杉方も岡部原へ出陣して火が出るほどに戦ったが、上杉方は井草左衛門尉、久下、秋本を初めとして多数が討たれ、ことごとく敗軍に及んだ。成氏方も勝ちいくさではあったが、一方の大将の鳥山が深手を負って死んだため、東陣に引き返した。

 上杉方に、上州から新田岩松小五郎、金井新左衛門以下の新手が加わったので、上杉衆はこれに力を得て、羽続原に出陣して陣を取った。

 公方衆がこれに駆け合わせたが、二度目の合戦では負けてしまい、足立郡に引き返した。

 下総国では、東野州常縁と馬加陸奥守、岩橋輔胤があちこちで合戦し、戦いの止むことがなかった。


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス