鎌倉大草紙38

− 享徳の乱・その9(渋川義鏡・足利政知の下向) −



 京都では常縁を再び京都に召すため、長禄元年(1457)六月二十三日、渋川左衛門佐義鏡を大将として武蔵国へ下向させた。

 渋川は公方(将軍)の近親で、代々九州探題の家だったので、諸家もこれを重んじていた。そのうえ、祖父の左衛門佐義行は長い間武蔵の国司で、足立郡の蕨という所を居城としていたので、今に至るまでその地を知行していた。そのため、この人がもっとも良いだろうということで、探題にされた。そして、「武州、上州の兵どもに御下知を申し聞かせて成氏を退治し、上杉を管領として関東を治めるように」と、申し渡した。

 前もって板倉大和守が下向してこの由を伝えたので、上杉方の兵どもが馳せ集まり、渋川殿と参会して京公方の御下知をうけたまわった。

 その年、長禄元年(1457)四月、上杉修理大夫持朝入道は武州河越の城を拠点に定め、太田備中守入道は武州岩付の城、同左衛門大夫は武州江戸の城を拠点に定めた。

 同年十月、相州下河辺古河の城の普請が終わり、成氏も古河へお移りになった。

 京都から渋川殿(義鏡)が探題として下向されて武蔵・相模の兵を集め、東の常縁も両総州の兵どもに下知したが、それでもなお東国の兵どもは成氏に背かなかった。

 「こうなっては、京都公方(将軍)の御子が一人、関東の主として御下向され、関東の公方となって御下知しなければとても関東は治まらないでしょう」と諸家が言上したため、公方も同意され、長禄元年(1457)十二月十九日、将軍家の御舎弟で、禅僧として天龍寺におわした香厳院殿を二十三歳で還俗させ、左馬頭政智(政知)と名付けた。

 上杉中務丞が上使となり、同治部少輔政憲、南伊予守、飯河河内守、布施民部大夫、木戸三河守孝典らが御供して、同月二十四日、伊豆国に御下着された。三島の大明神に御参詣になり、その神前で御元服された。木戸三河守が御加冠、治部少輔政憲が御理髪であった。

 孝憲は令泉中納言持為卿の門弟で無双の歌人だったので、一首の和歌を詠み、大明神に献上して公方の御運を祈った。

我が君の初元結ひの黒髪に ちよふる霜のしらがなるまで




前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス