鎌倉大草紙39

− 享徳の乱・その10 −



 鎌倉は御所もなくて守りに向かず、また敵地にも近いので、伊豆の北条の掘越というところに仮の屋形を建てて伊豆を知行され、上杉政憲を名代として、箱根を越えて武州・相州・上州の一揆に下知し、房顕に合力した。その頃、房顕は武州五十子(いかつこ)というところに陣を取り、成氏勢と対陣して毎日毎夜合戦を続けていた。

 伊豆国は、昔から源氏重代の国である。

 頼政、仲綱ののち、頼政の子孫が代々守護となった。ただし、二位の禅尼の時、武田信光もこの国をたまわり、十年ほど居住したということである。その後、頼政の子孫がまたこの国をたまわり、多田治部少輔と名乗って三代相続した。この人々が建立した中花山禅長寺に、頼政以来の木像がある。河内というところに、山の堂とも頼政堂とも呼ばれる御堂が今も残っている。

 尊氏公の御代に、畠山安房守国清と子息尾張守の二代が、関東の執事としてこの国の守護となった。彼らの建立した瑞龍山吉祥寺という寺が今もあり、木像もある。

 その後、上杉山内憲顕がこの国をたまわって、代々関東の管領となった。

 このたび、堀越殿が関東の主君としてこの国へ御下向されたが、当国は関東では吉例のある国で、源家有縁の土地である。

 その頃、寛正七年(1466)二月十一日、山内兵部少輔房顕が、五十子の陣中で早世した。法名は、大光院清岳道純という。

 堀越殿が御下向されて、近日越山されたら両上杉と一緒に四方から蜂起して成氏を攻め落とし、東国を討ち平らげて治めようと諸家が勇んでいたところに、山内殿が早世されてしまったため、一同、力を落とした。

 そこで、「越後国上杉相模守房定の次男の顕定を招き、房顕の妹婿として名跡を相続させよう」と長尾・扇谷に相談し、豆州政知の御下知を受けて、顕定を山内殿に移した。

 その年の九月三日に改元があって、年号が文正となった。

 その翌年から京都で大乱が起こり、畠山両家、および細川と山名が権勢を争い、合戦の止むことがなかった。

 同年九月六日、上杉弾正少輔入道持朝が河越で逝去した。五十二歳。法名は、広感院殿道朝と号す。

 この人は上杉両家の古老で、諸家も重んじて敬っていたが、このようにあっけなく亡くなられてしまい、伊豆の御所も関東の諸家も、力を落として呆然となった。 

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス