鎌倉大草紙41

− 享徳の乱・その12 −



 応仁文明の頃、政知は伊豆の堀越に居住されていた。成氏は下総の古河城にいた。二人の御所がいたのである。両上杉は、堀越の味方として成氏と合戦した。

 文明三年(1471)三月、武州、総州の成氏の味方の者どもが箱根山を越え、三島へ発向して政知を攻めようとした。

 政知は小勢だったので、駿河に加勢を請い、三島へ勢を出して防戦した。

 政知の勢は戦に利がなくて既に敗軍に及ぼうとした。そこに上杉の被官の矢野安芸入道が政知に加勢して新手として馳せ参じたので、成氏方の先手の小山・結城の兵はたちまち敗れ、山を越えて引き揚げて行った。

 その間に、山内顕定、宇佐美藤三郎孝忠に五千騎を添え、道中に待ち伏せしてさんざんに攻めたてた。成氏方の千葉、小山、結城らは残り少なくなるまで討ち取られて、ようやく古河に帰城した。

 文明三年(1471)、三島の合戦で公方衆が敗れたため、上杉方は勝ちに乗り、同五月、長尾景信が大軍を率いて古河城へ向かった。

 城を守備していた沼田、高、三浦の者どもが馳せ出て、ここを先途と防戦したが、長尾は大軍を入れ替えながら戦ったので、六月二十四日、ついに落城して、成氏は千葉を目指して落ちられ、孝胤をお頼みになった。

 この時、軍勢はちりじりになってしまったが、結城一人だけは千葉まで供奉した。

 房州里見、上総の両武田、小金の原、その他近国の勢が馳せ集まって成氏を守護した。

 両上杉はそのまま五十子に旗を立て、成氏の味方を退治した。

 しかし、古河の野田、関宿の簗田、私市の佐々木、そのほか、那須、結城、いずれも無二の御所方だったで、翌年の春、成氏公は千葉から御発向されて古河城を攻め落とし、ついに御帰参された。

 


前へ
次へ

「鎌倉大草紙の後半」インデックス